株式会社日本創造教育研究所

コンセプト

日本創造教育研究所グループは、『人財の育成を通して中小企業の活性化』に貢献しています

可能思考教育をベースとした教育体系
可能思考教育をベースとした教育体系

企業の活性化のためには人財の育成が欠かせない

社長・幹部を含めた社員一人ひとりの意欲を引き出し、能力を向上させることでコミュニケーションがスムーズになり社風が良くなります。一人ひとりの能力向上によって仕事力が高まることで、業績がアップし、会社が活性化します。

教育は一人ひとりの可能性を信じることから

一人ひとりの成長を促進するためには、人が持つ可能性を信じることが重要です。可能性を信じ、意欲を引き出すことが、前向きな考えや積極的な行動力を生みだし、社内に良質なコミュニケーションを育みます。

考え方や解釈の仕方が重要

そのためにも、物事のとらえかたや事実に対する解釈の仕方、考え方は重要です。どんなに能力が高くても「考え方」ひとつで成功・失敗が左右します。

健全な考え方を学ぶ可能思考教育

自分自身の考え方に気づき、より良い考え方と行動を身につける教育を私達は『可能思考教育』として、日本創造教育研究所の人財育成の中心に据えております。可能思考能力が良質なコミュニケーションを生み、良い社風が醸成され、会社の活性化につながります。

可能思考教育をベースとした教育体系

どんなに知識が豊富で、能力が高くても、お客様のために活用されなければ意味はありません。どんなに技術力があっても、後輩の育成や商品開発のために使わないのであれば、会社にとっては意味のない技術力です。真に必要なのは、健全な考え方を伴った能力なのです。日本創造教育研究所は可能思考教育をベースとした教育体系が特長です。

「三位一体の経営」を実現する階層別教育カリキュラム

日本創造教育研究所は、社長と幹部、社員のそれぞれが能力を高め、力を発揮する「三位一体の経営」を目指しています。そして、その実現のためにそれぞれの階層ごとの教育カリキュラムを用意しています。

三位一体の組織 企業の成長発展には、一人ひとりの成長が不可欠です。

  • 社長力
    社長
    < 主な役割 >

    5~10年後を見て意思決定する
    会社のあり方・行き先を決める

    1. ビジョン構築力
    2. 理念構築浸透力
    3. 戦略構築力

  • 管理力
    管理力
    < 主な役割 >

    1~3年後を見て意思決定する
    会社方針を実行できるよう進める

    1. 計画実行力
    2. 進捗管理能力
    3. 部下指導力

  • 現場力
    現場力
    < 主な役割 >

    毎月・年間目標をきちんと達成する
    市場、お客様のニーズや変化をつかむ

    1. 顧客満足力
    2. ホスピタリティ
    3. 情報収集力

人財育成の捉え方

「氷山の一角」と言われるように、氷山は、目に見える水面上が10%で残りの90%が目に見えない水面下にあります。

仕事に必要な能力も同様、目に見える能力目に見えない能力に分けることができます。
目に見える能力というのは、技術力や折衝力など教育の結果が目に見えて分かる能力です。この能力を「職務遂行能力」と言い、業績に直結する能力です。

ところが、目に見えないけれども個人全体に影響を与える能力があります。それが「可能思考能力」です。
逆境をチャンスと捉え、物事を前向きに捉える力、会社の方向に一致団結する力、全ての根幹となる能力です。

プラス思考なのかマイナス思考なのか、表面には表れないためなかなか分かりにくく、教育の難しい部分ではあります。
しかし、この可能思考能力が全ての根幹となります。

日本創造教育研究所では、この可能思考能力を何よりも重視しています。 企業の盛衰はこの可能思考能力にかかっているといっても過言ではありません。

目に見える部分
氷山の一角

10%

知識

職務遂行能力

  • 技技術力
  • 部下指導力
  • 折衝力
  • 専門知識
  • 財務知識
  • 営業力
  • 管理能力
  • 戦略立案
  • 判断力 など

業績向上

目に見えない部分
水面下

90%

思考

可能思考能力

  • プラス思考
  • 健全な価値観
  • 肯定的
  • 情熱・熱意
  • 協調性
  • 高い意欲
  • 向上心
  • 積極性
  • チームワーク力
  • 素直さ
  • 感謝力
  • 結束力
  • 謙虚さ
  • 成長意欲
  • 共通の価値観
  • 建設的
  • おもてなし精神 など

意識改革

可能思考が全てを決める!

可能思考研修の効果

1

困難の中にも可能性を見いだす力がつく

仕事や人生は、うまくいくときもあれば、うまくいかない時もあります。
どんな状況も、肯定的に捉えて可能性を見いだす力がつきます。

  • 逆境を乗り越える力がつく
  • 「できる思考」に変わる
2

人間力が高まる

どれほど仕事のスキルが高くても、人間力が低ければ人はついてきません。
人と良好なコミュニケーションをとりながら仕事を進めることができるようになります。

  • コミュニケーション能力が高まる
  • 会社への感謝の思いが高まる
3

やる気が向上する

これまでの人生を振り返ることで、原点に立ち返り、仕事(事業)に対する思いを再認識できます。ビジョンや目標が明確になり、やる気が高まります。

  • ビジョン
  • 目標が明確になる
  • 原点に立ち返れる
4

目標に向かって貪欲に挑戦する強い組織になる

全社一丸となって、一つの方向に力を合わせることができるようになります。
目標に対する意識も向上し、自分だけでなく会社全体が達成するための行動が生まれます。

  • 目標に対する意識が向上する
  • 個人最適から全体最適になる
5

相互理解が深まり、ベクトルが一致する

様々な価値観をもつ人が集まる組織が、一つの方向に力を合わせていくためには、価値観や考え方、言葉を共有することが大切です。体験の共有が、価値観の共有を後押しします。

  • 価値観が共有される
  • 活気に満ち溢れる
6

よりよい人間関係が構築される

あらゆる事柄から学ぼうとする成長意欲が高まります。お役立ちの精神・感謝力も磨かれ、社内・お客様・お取引先様と良い関係が築けます。

  • 社風が明るくなる
  • チームワークが強化される
  • コミュニケーションが円滑になる
可能思考研修とは
研修導入企業の体験談

可能思考能力を身につける3つのステップ

基礎コース(SA)セルフ アウェアネス[3日間]

SAについて
テーマ:気づき
全ては「気づく」ことから始まる!

基礎コース(SA)では、普段無意識に行なっている自分の行動・発言が、周りに与えている影響に気づきます。責任を転嫁せずに、自分の責任において行動することを自覚し、さらに、自分の夢や目標を認識して、行動の意欲を高めます。

基礎コース(SA)受講による効果
  • 自分の思考パターン・行動パターンに気づく
  • 真のチームワークの重要性を認識する
  • 可能性に気づき、夢・目標に対する意欲が高まる
  • 周りに対する自分自身の影響力を知る
  • 強み・弱みを認識し、成長課題を明確にする

変革コース(SC)セルフ クリエーション [3日間(合宿)]

SCについて
テーマ:実行力
「個人」から「組織」の意識へ!

自己の成長を妨げていた要因を認識し、それらをひとつずつ打ち消していきます。自分自身の強みや長所を再確認し、積極的な行動を引き出します。また、視野を広く持ち、全体を見て考えたり、行動できるようになります。

変革コース(SC)受講による効果
  • 個人でなく、組織全体を考えて行動できる
  • マイナス要因でも肯定的に受け容れられるようになる
  • 困難や障害にチャレンジできる
  • 自分の強みをさらに発揮できるようになる
  • 率先垂範の姿勢が身につく

実践コース(PSV)プラクティカル サクセス{バリュー・ビジョン・バイタリティ・ビクトリー} [60日間(2日間×3回)]

PSVについて
テーマ:継続力
職場ビジョンを明確にする!目標を掲げ、60日間職場で実践!

実践コース(PSV)では、可能思考能力を習慣化します。自らの職場ビジョンを明確にして、職場や日常生活における具体的な実践目標を掲げ、取り組み、目標達成への意欲を高めます。また、毎日の報告を通して、管理能力も身につけます。

実践コース(PSV)受講による効果
  • リーダーシップ能力が高まる
  • 問題に立ち向かい解決する力が高まる
  • 生産的・計画的に行動できる
  • 全ての人と良い人間関係が築ける
  • 人や社会に対する感謝の思いが深まる
  • コミュニケーション能力が高まる
  • 個人や組織を動機づけする力が高まる
  • 物事をねばり強く継続する力がつく
  • 組織への貢献意欲が高まる
  • 職場を改善する力がつく

可能思考研修 開催日程

日程 日程はPDFファイルになっております。