株式会社日本創造教育研究所

ワンポイントアドバイス

第191号 自然の法則は「先払いシステム」である。

前回は「返報性の原則が働く」ことをお伝えしました。
個人の成功についても、一定の返報性の原則が働き、人間の持つ能力や素質を開花させます。物事には始めてからできあがるまでに時間差「タイムラグ」があります。時間をかけて努力すること以外にありません。何事も準備、計画、実行、改善、改革が重要なキーワードです。何らかの「先行投資」、先に代償を払わなければ実現できないのが自然の法則です。
大地の物質世界と人間の精神世界が融合し、相互の関係が正しく働かなければ成果として成り立ちません。「縁ありて花ひらき、恩ありて実をむすぶ」所以です。私たちは物事にチャレンジしながら未来を切り開いていきますが、周りの人との関係(ご縁)が良くなければ、努力するほどに行動が空回りすることもあり苦悩が生じます。「因果応報」という、自然の法則に視点を置き、原因と結果のプロセスを入念に見つめ直すことが重要です。
繰り返しますが、人生は周りの人の援助のおかげであり、自分の才能だけで物事や人生の成果が与えられものではなく、一日一善、精一杯の努力の積み重ねで花が咲き、それらが周りから評価され、多大な援助と協力を得ることで結実します。
人間が幸せになる方法は唯一、事前準備と行動の努力という「代償の先払い」をすることであり、物質世界と精神世界の融合によって、結果が生まれるという原則に従うことが、幸せの第一歩である事実を忘れてはなりません。努力がすべての原動力なのです。

1)目的に思いを込めて「実践」することが自然界の「ルール」であり、いかに実践するかは、その人の価値観と考え方次第です。
2)「周りにたくさんの人がいても、仲間と一緒でも、実践するのは自分の努力次第」が、成功の条件です。
3)実践は、必要な条件を理解し、やるべきことを適切に、精一杯、「今すぐやる・サッとやる」、先延ばしをしないことです。
4)何でもないような「些細なこと」を一所懸命に努力する。小さなことの積み重ねが偉大な結果となります。
5)努力の結果はその人の志と熱意「やる気」に比例して生じます。
6)自然は、自分が何かに作用すると、その反作用が自分への結果として戻る返報性の原理「縁起の法則」に従っています。

(株)日本創造教育研究所
「コミュニケーションとリーダーシップを学ぶ心理学セミナー(TA)」講師 大友 光夫

バックナンバー