株式会社日本創造教育研究所

研修一覧

松下幸之助翁に学ぶ経営問答塾

研修について

松下幸之助翁であればこの時代をどう乗り越えるだろうか

経営問答塾では、松下幸之助翁に直接仕えた木野先生が、松下幸之助翁直伝の経営哲学や考え方を、わかりやすく、感動的にご講演されます。一方的に参加者の皆さんに経営学を伝授する、講義形式の勉強会ではありません。
経営問答塾はその名の通り、木野先生と問答を行い、企業経営の成功の要因は何か、失敗の原因はどこにあるのかなどの問いに対する答えを探求していきます。木野先生と問答をすることは、松下幸之助翁と問答をすることと同じ価値があるのです。木野先生とあなたとの一対一の真剣勝負です。企業経営に一生懸命に取り組めば取り組むほど、疑問や自己矛盾や心の葛藤が起こります。木野先生のお話はそんな心のもやもやをスッと取り除いてくれます。一緒に経営問答塾で学びましょう。

講師紹介

講師 木野 親之 氏

講師 木野 親之 氏

パナソニック株式会社 終身客員

モデレーター 田舞 徳太郎

モデレーター 田舞 徳太郎

日本創造教育研究所グループ 代表

開催日程

2018年日程表

各講 12:30~17:30

[メイン会場]東京 [サテライト会場]大阪・名古屋・札幌
※【サテライト開催】 メイン会場と各地会場をLive中継でつなぎます。講義だけでなく、メイン会場との質疑応答も行います。

第1講 2018年6月22日(金)
第2講 2018年7月13日(金)
第3講 2018年8月8日(水)
第4講 2018年9月7日(金)
第5講 2018年10月12日(金)
第6講 2018年11月6日(火)

研修内容

株式会社ミヤザキ 代表取締役 山之上 道廣 様
製造業(埼玉県)

2004年より、14年間受講されている
山之上 道廣社長に経営問答塾の魅力と
学び続ける理由をお聞きしました!

魅力その1
松下幸之助翁の最後の愛弟子、木野親之先生に直接教わることができます。

私は、経営する上で松下幸之助翁の経営哲学をお手本とさせていただいています。その松下幸之助翁に直接40年以上もご指導を受けた木野親之先生の話を直に聞きたかったため、この研修を継続して受講しています。

木野 親之 氏 パナソニック株式会社 終身客員

1926年大阪府生まれ。松下電送㈱社長、会長を経て、NTTデータ通信㈱取締役相談役に就任。現在、パナソニック㈱終身客員。中国復旦大学顧問教授を務める。数々の日本政府委員(電気通信審議会委員・防衛施設中央審議会委員・工業所有権審議会委員)を歴任。松下電送社長時代に、同社が開発・普及推進した「G3ファクシミリの国際標準化」は、歴史的偉業として「IEEEマイルストーン」に認定され、世界のMr.ファクシミリといわれている。

魅力その2
経営における自分の悩みや疑問に対して問答方式で答えを探すことができます。

<small>魅力その2</small><br><strong>経営</strong>における自分の悩みや疑問に対して<strong>問答</strong>方式で答えを探すことができます。

会社経営をしていると、良いときでも悪いときでも悩みはつきません。わが社ならではのその悩みを本音で木野先生に問うと、必ず本音で誠意ある答えがいただけます。また、研修仲間も自分のことのように親身に考えてくれるので、わが社のこれからが見えてきました。

魅力その3
松下経営哲学とは何か ─ 腑に落ちるまで深く学ぶことができます。

<small>魅力その3</small><br><strong>松下経営哲学</strong>とは何か ─ 腑に落ちるまで深く学ぶことができます。

この研修を通して、人に光を当てる、三方良しの経営が解っているようで解っていないことに気づかされました。業績が良く永年継続するためには、人に光を当てる、三方良しを徹底的に実現すること。そのためには、考え方、誠意、行動が全てであることに気づかされました。

学び続けた結果、良い人財の確保と業績も増収増益となりました。

私自身の社員さんに対する接し方と、社内の環境、待遇を改善しました。この3年間、その結果が顕著に業績に増収増益となって表れ、また、人財確保にも良い影響を与えています。
第1回目から毎回参加しておりますが、今後も松下幸之助翁が実践した会社経営を木野親之先生を通して学んでいきます。

経営問答の実例

Q. 三年前から社員教育に力を入れ、その結果多くの社員がよい方向に変わりました。しかし、一部はまったく成長の兆しが見えない社員がいます。そうした社員たちにも教育を続けるべきか、新たな人を採用すべきか悩んでいます。

A. 多くの社員がいれば、どうしても「できる人」と「できない人」の差が生じます。経営者はその両者を適材適所で用いて会社を運営しないといけません。一方で、考えるべきは教育とは何かということです。
さまざまな化学的研究の結果、人間の潜在能力にはほとんど差がないということがわかってきました。つまり、「できないAさん」の潜在能力を十分引き出せないのは、教育がうまくいっていないからだということになります。人を生かすも殺すも、経営者や上司の責任なのです。松下幸之助は、そのことを深く理解していました。だからこそ、「人は教育次第でいくらでも成長する」という信念を抱いていたのです。
人は誰しも『成長したい』という欲求をもっています。それをいかに引き出すか、経営者の力量次第です。若者が会社を辞める最大の理由は、「この会社にいたら自分が成長できない」と思うことなのだそうです。「成長実感を与えること」こそ、社員教育の最重要ポイントといえます。
(月刊「理念と経営」 2017年9月号 参照)

研修カリキュラム

第1講

松下幸之助翁の最後の弟子が語る

  1. 世間は正しいと思おうよ!のつぶやき
  2. 生物の生死を自由にする・正しい人間観
  3. 宇宙根源の法則の根本思想とは何か
  4. 最善の上に最善がある―松下経営哲学
  5. 7つの苦難を乗り越えた経営理念
第2講

今を真剣に生きるのは未来を手繰り寄せる為である

  1. 熱海会談を如何に乗り切ったのか
  2. 君この仕事は無限やな
  3. 禍は千里の道より攻めきたる(福はどうする)
  4. 「君、成功を邪魔するものは、自分自身だよ」
  5. 僕は頭を下げ下げやってきた
第3講

君、覇道はあかん
王道の経営が大事やな

  1. 松下経営哲学の基本は王道である
  2. 人の不幸の上に自分の幸福を築いても続かん
  3. 変化にどう対応したらいいのか?教えてください
  4. 君、そんなやり方は神が許さん
  5. 任せて任さずのコツこそ人を育てる重要項目
第4講

松下幸之助翁の仕事観と経営理念

  1. なんでこの仕事をするのか
  2. この仕事の良いところは
  3. この仕事の使命は
  4. この仕事の最善の絵を書いて見なはれ
  5. 我が社の経営理念と一致するかよく噛みしめる
第5講

松下幸之助翁は人財育成を大事にした

  1. 人多くして人無しではあかん、人物を育てよ
  2. 経営の成功も失敗も、すべて自分の心の中にある
  3. 会社は社長次第ですぐ駄目になるんや自分を修めろ
  4. いつも社員や世間が社長を見ているよ!
  5. 下が上を評価する、経営でなければアカン
第6講

自らをして断崖絶壁の淵に立てば道はひらける

  1. 僕は欲の深い人間を愛するよ!
  2. 人生は魔との戦いや「もう一人の自分」との戦いや
  3. 何事も「しつこい位のダメ押し」が必要やで
  4. 縦軸に経営理念、横軸にパートナーシップ
  5. 家業は一人で出来ても、事業は一人では出来ない
  6. 経営は社長の志と決断が大切

参加者の声

学校法人市藤学園 理事長 市川 由貴子 様

研修に参加された理由をお聞かせください。

「企業は社長の器以上にならない」と田舞代表に学び、もっと我が社を良くしたいと決意しました。そして、木野親之先生から松下経営哲学を学びたいと思い参加しました。

気づきや学びを教えてください。

松下経営哲学や理念「人に光を当てる」・「王道の経営」等は、永久不滅の真理であり、究極の人間愛だと肌で感じました。言葉では表現しにくいのですが、毎回もっと磨かなければという新たな気づきと、次の希望の扉を開いてもらっています。

自分自身や会社にどんな変化がありましたか?

職員・子ども達が一層愛おしくなり、大切にしたいと思うようになりました。10年学んでまだまだですが、少しずつぶれない判断ができるようになり、一人ひとりの職員の頑張りに光を当てています。
今後はさらに経営のしっかりとした舵取りをし、私たちの職業の使命である、未来を担う子ども達すべてが「確かな子どもの育ち」ができるよう、職員一丸となって取り組んでいきます。問答塾、これからも学び続けます。

学校法人市藤学園 理事長 市川 由貴子 様 (教育・保育・千葉県)

学校法人国際学友会 理事長 宮 耕 様

研修に参加された理由をお聞かせください。

可能思考研修を受講し、永続企業にしたいという強い念いが湧いてきました。また、漫然としていた経営哲学や経営理念をしっかりと肚に納めるため参加しました。

気づきや学びを教えてください。

2003年よりこれまで10回受講しております。とても簡単な言葉で教えてくださるのに、毎講新しい気づきがあります。
松下幸之助翁の「素直になる」の意味に近づいたのは、参加5回目ぐらいになってからでした。学びが深まったことにより、自分の質問だけでなく、他の受講生の質問と木野先生の回答にも頷けることが多くなりました。

自分自身や会社にどんな変化がありましたか?

毎期きちんと増益し経常利益10%超の体質になりました。また、法人の組織を変えて、福利厚生を厚くし、全員が一丸になる姿勢がより鮮明になりました。
学び続けることの大切さを確信しています。さらに素晴らしい会社だと社員さんが誇ってもらえるような会社を創って参ります。

学校法人国際学友会 理事長 宮 耕 様 (日本語学校・京都府)

参加要領

受講対象

経営者・経営幹部・幹部候補
※コンサルティング業関連・研修教育業関連等、同業の方の参加はご遠慮ください。

開催会場

[メイン会場] 東京研修センター
[サテライト会場] 大阪研修センター名古屋研修センター札幌研修センター
※サテライト会場の最少開催人数6名(開催2週間前時点)

受講料(税込)

●メイン会場で受講される方

オーナー会員 PSV会員 一 般
1名参加 270,000円 286,200円 302,400円
再受講 243,000円 257,580円 272,160円

●サテライト会場で受講される方

オーナー会員 PSV会員 一 般
1名参加 216,000円 228,960円 241,920円
再受講 194,400円 206,060円 217,720円

※再受講割引は、ご本人様に限ります。
※受講開始3日前までに、お振込をお済ませください。
※受講者ご本人様の都合により受講を中断された場合、受講料の返金はいたしかねます。

振込口座

三菱UFJ銀行 池田支店 普通預金 1123995
口座名 (株)日本創造教育研究所
※恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います。
※4月1日より三菱東京UFJ銀行が『三菱UFJ銀行』に変わりました。

研修のご案内 研修当日のご案内や研修資料はメールでお送りします。
ただし、必要に応じて、お電話・郵送・FAXをさせていただくこともあります。
※個別にお送りする内容のため、共通(代表)のアドレスでは登録できません。あらかじめご了承ください。
注意事項
  • 暴力団関係者(準構成員等も含む)・暴力団関係企業・団体、その他反社会的勢力に属する方の参加はご遠慮ください。
  • 研修中の撮影・録音・パソコンの使用は、お断りさせていただきます。
  • 駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。
  • 講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 研修後の参加者アンケート

お問い合わせ・ご相談

06-6388-7741

受付時間:月~金 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ