サイト内検索
REPORT

レポート

2019.03.20

健全な価値観を形成することの大切さ

3月から採用の広報活動が解禁となり、
各企業様の採用活動も活発になっていることと思います。

そして4月には新たな社員様が入社される企業も多いことでしょう。

毎年この時期になると「今年の新入社員はどんなタイプ」と話題になります。
育ってきた環境や社会の情勢から
『〇〇世代』『〇〇型』と呼ばれたりしています。
一概に断定できませんが、環境の違いは生活スタイルを変え、
価値観や常識に変化を与えるのは必然なのかもしれません。

 

リーダーの皆様は、これまでかかわっていく中で
ジェネレーションギャップを感じたという人も少なくないでしょう。

時代は変化しているので、自分の価値観や常識を押し付けるのではなく
自分自身が変化に柔軟に対応していくことも重要なことです。

現代はスマートフォンが普及し、コミュニケーションの方法も大きく
変化しました。自分を表現する場や情報を収集するために、
様々なSNSが活用されるようになりました。
それによって、これまでなかった新たな問題も起きています。

 

TwitterやInstagram、YouTubeなどで不適切な発言や悪質な動画が
投稿されるといった「バイトテロ」が後を絶たず、
今や社会的問題にまで発展しています。

被害を受けた企業は「炎上」と呼ばれる状況に陥り、
企業ブランドが大きく損なわれ、多額の損害を受けたり、
最悪の場合、自主廃業になった例もあります。
投稿した人やその周りの人も、個人情報が流出したり、
企業から損害賠償を請求されるケースもあります。

一度発生してしまうとブランド価値の毀損、クレーム対応、
株価下落など企業側が受ける被害は甚大です。
そうならないためにも、企業の人材育成は大きな意味を持ちます。

健全な価値観を持つ企業には、健全な価値観を持つ人材が育ちます。

・職場を自己成長の場と捉えている。
・夢や目標をもち、その実現に向かって努力している。
・達成感や感動を皆で共有できる。
・自分が源と捉えている。
・自分のことばかりを考えるのではなく、お役立ちの精神を持っている。

など、社会人として、また人として生きていく上で大切なことを
伝えられる企業の役割である人材育成が
これまで以上に重要になっていると思います。


まもなく桜が咲く4月が訪れます。
企業の役割と責任を再認識し、ご縁があった大切な社員様と一緒に
成長していける環境をつくっていきましょう。


 

新入社員セミナーと受け入れセミナー
(3日間 or 6か月)
日程:受け入れセミナー 4月3日(水)
新入社員セミナー 4月4日(木)・5日(金)
会場:大阪、東京、福岡、名古屋、札幌、広島

日創研の新入社員セミナーは、新入社員様だけではなく
受け入れ側の上司や先輩も一緒に学ぶスタイルです。
共に学ぶことで、お互いのあるべき姿や心構えが共有され
良好なコミュニケーションを築き、
健全な社風づくりや定着率の向上などに効果が表れます。

※6か月フォローコースは教材学習と7月と9月に
研修があります。

◆詳しくはこちら

 

カテゴリー | レポート