サイト内検索
REPORT

レポート

2019.06.4

マーケティングとマズローの欲求5段階説

マーケティングとマズローの欲求5段階説

時代とともに変化するマーケティング

最近は、何かとバージョンアップを示す1.0→2.0→3.0等が
増えているように感じます。

『インダストリー4.0、SOCIETY5.0、ブロックチェーン3.0…』

実は、マーケティングの世界でも、
マーケティングの大家と言われている「フィリップ・コトラー」が
マーケティング1.0→マーケティング2.0→マーケティング3.0→マーケティング4.0
とマーケティングの変遷を論じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マーケティング4.0

マーケティングは、時代と共に変遷しているのです。
その理由の大本は、「ニーズ」(欲求)の変化にあるのです。
物のない時代は、物が欠乏しているので、物を求めます。
それが満たされ競合が増えてくると、ただ似たような物では
消費者は満足しなくなります。
すると、消費者満足・顧客満足のニーズが強くなってきます。
それもある程度満たされてくると、今度はもっと自分たちだけの
ニーズではなく、この社会のニーズ、社会の価値に目を向けるように
なってくるのです。
そしてさらに、私たち自身の究極のニーズは「自己実現」を達成したいと
いう欲望につながっていくのです。

 

マーケティング1.0  製品中心の考え方  (より安くすれば売れる)

マーケティング2.0  消費者中心の考え方 (消費者のニーズを満たす)

マーケティング3.0  価値中心の考え方  (社会的価値が重要視される)

マーケティング4.0  自己実現の考え方  (顧客との共創)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マーケティングとマズローの欲求5段階説

マーケティングは、マズローの欲求5段階説と符合しています。

欲求の第1段階は、生存・生理的欲求
欲求の第2段階は、安全・安心欲求
欲求の第3段階は、社会的欲求・親和欲求
欲求の第4段階は、自我欲求・承認欲求
欲求の第5段階は、自己実現欲求

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最近では第6段階として
「自己超越の欲求がある」と唱えられています。

これらの欲求は常に上がったり、下がったりし続けるのです。
すなわち、マーケティングの入り口は、人間のニーズ(欲求)を掴むこと。
そして、そのニーズを満たす具体的なものやサービスを創り出し、
継続的にニーズに応えていくことなのです。

人間の欲求や欲望は無限大なのです。

人間もいろいろな人間がいるのです。
だからこそ、その人間を絞る必要があるのです。
これを「ターゲット顧客」といいます。そのターゲット顧客のニーズを
徹底的に探っていきましょう。

今、あなたのニーズとターゲット顧客のニーズは一致していますか?

マーケティングはニーズ対応業です。
ターゲット顧客と同期、共感していきましょう。

 

カテゴリー | レポート