サイト内検索
SEMINAR

セミナー

お問い合わせ・ご相談

06-6388-7741

受付時間:月~金 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

リーダーシップとフォロワーシップを磨く5か月オンラインコース
「人材開発支援助成金」活用のご案内

セミナーについて

コロナショックによる経済への影響の長期化、新常態(ニューノーマル)への適応、ビジネスの複雑化や競争激化など混迷する環境のなかで企業が業績を上げるには、変化への早い対応と柔軟性が経営陣だけではなく現場にも求められています。経営危機を脱し、企業が成長発展するには経営者一人の力には限界があり、社長と幹部・社員が一丸となる(全員経営)必要があります。そこで、全員経営を実現するために不可欠なリーダシップとフォロワーシップを磨くことで、経営者を支え、現場で働く人たちの能力を最大限に発揮させることができるリーダーを育成することが本セミナーの目的になります。

講師紹介

開催日程

2020年日程表

第1講・第5講 1日目 12:30~18:00 / 2日目 9:00~17:00 / 第2講~第4講 10:00~18:00

第1講1日目第5講2日目(午後)は、上司の方も参加できます!【ご受講生と同じ人数まで可】
ご受講生の「自分が目指すリーダー像の決意表明」があります。ぜひお聞きください。
セミナー内容をご理解いただくことで、ご受講生をより効果的にフォローできセミナー効果が高まります。

セミナー内容

セミナーの目的

  • リーダーがビジョンや目標によって方向性を示すことで、フォロワーは計画立案をはじめ具体的な業務を実行することができる
  • リーダーが目標達成に必要な行動を決定して指示することで、フォロワーはそれに対して建設的な意見や健全な提言ができる
  • リーダーが役割に対して責任を果たすことでフォロワーに信頼され、フォロワーの貢献意欲やチームの団結力が高まる
  • フォロワーシップがリーダーシップを補完する形で生まれる相乗効果として最も大きいのは、チームワークが働いて組織としての成果の最大化に繋がる

セミナーの特徴

  1. セミナーで学んだことを職場で落とし込みます。
    (アクションプランの作成とPDCAサイクルの実践)
  2. 上司の方から取り組みについて評価とアドバイスをもらいます。
    (セミナー前後に上司面談の実施)
  3. 自分の考え方や視野を広げます。
    (グループワークの多用)
  4. 現場のリーダーとしての強み・課題を正しく認知します。
    (さまざまな自己分析の実施)

アクションプランとは
自らの行動計画を職場に落とし込むためのもの。
自己分析や教材を活かし、多角的に計画を立てる。

受講された方にお聞きました︕

アクションプランの実践を通して、コミュニケーションの変化は?

アクションプランの実践を通して、コミュニケーションの変化は?

●上司に対してコミュニケーションがとり易くなり、会社の想いが知れた
●自分から進んで上司や部下と積極的に関われるようになった
●相手の立場に立って、どのように伝えれば良いのかを考えられるようになった
●社長との話し合いが建設的にできるようになった
●部下の話を素直に受け容れることができるようになった

アクションプランの実践を通して、リーダーシップの変化は?

アクションプランの実践を通して、リーダーシップの変化は?

●PDCAサイクルを回す習慣が身についた
●仕事に対する目的意識が高まった
●率先垂範を意識してできるようになり、リーダーとして今正しいか振り返るようになった
●チームの目標を掲げ、それをメンバーに示すことができるようになった
●組織を動かすために先陣を切るという能力が上司から評価されるようになった

派遣側の上司の評価

派遣側の上司の評価

●自分自身の課題に気づき、成長が著しく見えた
●会社全体が良くなるためにはどうしたら良いかを客観的に考えるようになった
●言われなくても自ら進んで実践するようになった
●セミナー前後の上司との面談の仕組みが本人の成長にとても効果的であった
●時代の変化に合わせたタイムリーなセミナーだった

セミナーカリキュラム

第1講

「全員経営とは」

  1. 激変する環境に対応するために何をすべきか
  2. 企業業績・企業発展を左右する組織とコミュニケーションの特徴
  3. 上司面談(会社があなたに期待すること)
  4. 自己認識(セルフアウェアネス)がリーダーの絶対条件
  5. リーダーシップとフォロワーシップ
  6. パーソナリティー分析によるリーダーシップの傾向性
  7. 自分が目指すリーダー像
  8. 第2講までのアクションプランの作成
第2講

「組織力を最大化させるためのフォロワーシップ」

  1. アクションプランの実施報告と検証
  2. 現代社会におけるフォロワーシップの必要性
  3. フォロワーシップ・タイプ別診断
  4. フォロワーシップとコミュニケーション
  5. 実習 : コンセンサス
  6. 第3講までのアクションプランの作成
第3講

「生産性の高い成果をつくる組織の条件」

  1. アクションプランの実施報告と検証
  2. 組織の生産性向上に必要な3条件
  3. グループワーク : 事例研究
  4. 強くて良い会社づくりと自社分析
  5. 実習 : 組織の課題達成ゲーム
  6. 第4講までのアクションプランの作成
第4講

「チームビルディングと部下(後輩)指導」

  1. アクションプランの実施報告と検証
  2. チームビルディングとは
  3. 組織の成長プロセス
  4. 自社の組織力分析
  5. 部下(後輩)指導とコミュニケーション
  6. 第5講までのアクションプランの作成
第5講

「組織におけるコミュニケーションとは」

  1. アクションプランの総括
  2. 組織力を最大化するための社員エンゲージメント
  3. 自己効力感を高める人材育成法
  4. 人間観・仕事観・人生観の確立
  5. 自己評価と成長課題の明確化
  6. 上司面談
  7. 決意宣言
  8. 最後のまとめ

参加者の声

有限会社谷川クリーニング(クリーニング業/茨城県)にお聞きしました!

[ご受講生]どのような気づきや学びがありましたか?

現場で起きている問題は1人ひとりの問題ではなく会社全体の問題として捉えることで、考え方、行動の仕方が変わると学びました。また、セミナー中の課題を現場で取り組むなかで、どのような立場であっても、素直さ、謙虚さ、感謝力、自己認知力がとても重要だと再認識しました。今後の職場での自分自身の「在るべき姿」がわかることで、会社で具体的に何をするべきなのかが明確になりました。

有限会社谷川クリーニング 五字 泰智 様 クリーニング業(茨城県)

有限会社谷川クリーニング 五字 泰智 様

[ご派遣者様]谷川 祐一 様(代表取締役)にお聞きしました。

セミナーにご派遣されたきっかけを教えてください

PSV目標実現コース(現SGA)修了後に学んだことを具体的に職場にどのように活かしていくのかという課題を会社が抱えておりました。その解決のきっかけになればと五字さんを派遣しました。

会社にどのような変化がありましたか?

自分最適ではなく全体最適を意識するようになり、五字さんの視座の変化を一番に感じました。見える景色が変わったことで物事の捉え方とそれに対する考え、行動に変化が出ました。それまで社長主導で行っていた朝礼を「自らやります!」と言って引き受けてくれたり、このセミナーで学んできたことを他の社員さんにプレゼンテーションすることで学びを深めたいと自分からプレゼンの場を企画したりと、全体最適のために自分はどう貢献できるか?という行動が増え、周りの社員さんも巻き込んで、会社に沢山の良い習慣をつくってくれました。

代表取締役 谷川 祐一 様

代表取締役 谷川 祐一 様

参加要領

受講対象

現場のリーダークラス(店長、主任、管理者及び候補)
※コンサルティング業関連・セミナー教育業関連等、同業の方の参加はご遠慮ください。

会場

オンライン開催

受講料(税込)
オーナー会員 一 般
1名参加 181,500円 199,650円
2名参加 172,420円/名 190,300円/名
3名以上 163,350円/名 180,400円/名

※オーナー会員のフレックスコースが使用できます。
※お申込み受付後、請求書をお送りいたします。
※恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います。
※ご受講生本人の都合により受講を中断された場合、受講料の返金はいたしかねます。

セミナー報告書 本セミナーは、ご派遣いただいた上司(経営者・セミナー担当者)の皆様に「セミナー報告書」をお送りしています。
申込フォームにて報告書送付先の情報入力をよろしくお願いします。
セミナーのご案内 当日のご案内やセミナー資料はメールでお送りします。
ただし、必要に応じて、お電話・郵送・FAXをさせていただくこともあります。
※個人のメールアドレスをご記入ください。
 代表アドレスや役職アドレスは登録できません。(例:「info@」「postmaster@」「ceo@」など)
注意事項
  • 暴力団関係者(準構成員等も含む)・暴力団関係企業・団体、その他反社会的勢力に属する方の参加はご遠慮ください。
  • セミナー中の撮影・録音・パソコンの使用は、お断りさせていただきます。
  • 自然災害などにより、開催日の変更や中止を行う場合があります。
  • 必要に応じて、助成金申請のための「修了証明書」を発行します。ご希望の方はご連絡ください。
  • 講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
開催日程・お申し込み