株式会社日本創造教育研究所

研修一覧

ケースメソッドで学ぶ幹部育成セミナー

研修について

実践的な能力を高めて、会社に貢献する幹部になろう!

企業の幹部は多くの役割が求められます。あるときは、社長の良きサポーターであり、あるときは、部下を育成するコーチであり、部署を率いるリーダーであり、経営者と現場の橋渡し役です。
コミュニケーションをスムーズにし、社風を良くすること、部下を育成し、業績を上げることが幹部の役割です。そのためには、経営者の真意・意図を汲み、状況を正しく判断し、自分で考え、自分の言葉で説得力をもって伝える力が必要です。
このセミナーは、幹部としてのあるべき姿を自分自身で見出し、意識変革と行動変革によって社長を支える人財に育っていく研修です。

ケース提供企業の事例研究と質疑応答

大阪開催 事例企業

  • 参加者の体験談

講師紹介

幹部が育っている会社は業績がいい!!

このセミナーでは、現実の企業経営を教材に、ディスカッションを中心にして学びます。
外部環境の認識や対応策を考えたり、自分自身が悩んでいる問題をアドバイスしあったり、解決したりするので、他社で同じような立場にある仲間づくりなども可能になります。
変化の激しい経営環境のもとでは、経営者一人が孤軍奮闘しても、経営ビジョンの実現は困難です。自社の経営理念のもと、外部環境を適切に捉えて、組織を率いる幹部を育成しましょう。素晴らしい実績を残している企業には、良きリーダーだけではなく、それを支える良き幹部が存在しています。
みなさんも「ケースメソッドで学ぶ 幹部育成セミナー」で経営幹部を育成しましょう!

研修ファシリテーター 福島 武志

研修ファシリテーター 福島 武志

(株)日本創造教育研究所
経営企画室 室長

(株)野村総合研究所、(株)音羽を経て入社。
田舞塾1期から19年間田舞塾の運営を担当し、200社以上の教育ケース制作に携わる。現在、起業家養成スクールにおいても15年にわたりケースメソッド授業を担当している。

開催日程

2018年 日程表

1日目13:00~19:00 2日目9:00~17:00

大阪開催

第1講 2018年5月28日(月)・ 29日(火) 大阪研修センター お申し込みを締め切りました。
第2講 2018年6月28日(木)・ 29日(金) 大阪研修センター
第3講 2018年7月26日(木)・ 27日(金) 大阪研修センター
第4講 2018年8月20日(月)・ 21日(火) 大阪研修センター
第5講 2018年9月25日(火)・ 26日(水) 大阪研修センター
第6講 2018年10月25日(木)・ 26日(金) 大阪研修センター

研修内容

幹部としてのあるべき姿を自らで見出し、経営者をサポートする人財を育成する

セミナーの特徴

1. ケースメソッド授業による学習

ケースメソッド授業とは、参加者がケース(実際の企業経営について書かれた教材)を事前に読み込み、設問表に沿って自分の考えをまとめておきます。
実際の授業では、研修ファシリテーターのリードの元、自分の分析結果や意思決定の内容やその理由などをグループや全体で発表し、議論を行います。

ケースメソッドの効果

  1. 実践的な意思決定を行う実務能力が身につきます。
  2. 異業種の考え方や価値観を知り、学ぶことができます。
  3. 自分の考えをまとめ、伝える能力が高くなります。

高まる能力

  1. 問題を発見する力
  2. 自分で考える力
  3. 本質を見極める力
  4. 外部環境の把握、強み・弱みを見出す力
  5. 自分の意見をアウトプットする力
  6. 他社の意見を尊重する力
  7. 問題解決のための具体策を構築する力
  8. 社長の考え、思いを理解し共感する力

2. 毎月、社長との面談を実施

毎月の研修終了後、社長と会社の状況や課題、学んだことなどを話す時間をとり、研修の学びを実践に活かす場をつくっていただきます。

3. 相互アドバイスによる自身の問題解決

相互の価値観を尊重しあうグループメンバーとの深い関わりにより、それぞれが抱えている自社の問題に対して解決策を考えます。同じ立場で同じような問題や課題を抱えている仲間なので、相互に切磋琢磨しながら学べます。

4. 振り返りの時間や内省する時間の確保

幹部になると、日常の仕事に追われてしまい、学びの時間がなかなか取れません。
この研修ではアウトプットすることや振り返りの時間を多く確保していますので、講義内容や気づきが記憶に残りやすくなります。

セミナーの流れ

研修前

研修前

教材「教育ケース」個人学習

「教育ケース」は、実際の企業経営について書かれたテキストです。現在置かれている環境や、経営状況、企業の歴史、ライバル企業の分析、自社の強み弱み等が書かれています。
毎講違う業種の「教育ケース」を事前にお渡しします。研修へ参加する前に教育ケースを読み、設問表に沿って自らの考えをまとめていただきます。

研修当日

1日目

講義や実習

1日目は、次のようなテーマのもとに、グループディスカッションやレクチャーを行って進めます。
お互いの意見や立場を尊重しながら意見交換を行い、自分のあるべき姿、自分の意志・考えをまとめていきます。

・幹部の役割と責任 ・自社の経営理念とその浸透方法 ・経営幹部としての自立と自律
・SWOT分析と戦略思考 ・マーケティングとイノベーション ・部下育成と自分育成
などのテーマから『幹部としてのあるべき姿』を自分で見出します。

2日目

グループ討議

「思考の枠を拡げる」

ディスカッション時は毎講グループが変わるので、自分とは違う意見を多く聴くことができ、思考の枠を拡げることができます。

クラス討議

「研修ファシリテーターのリードで提案を引き出す」

受講生全員で討議をします。なごやかな雰囲気の中で、受講生が一体となって、問題の具体的解決策や今後の戦略を討議、提案します。

ケース提供企業の経営者による発表と質疑応答

「企業経営を深く、リアルに学べます」

行動計画の作成

研修後

社長との研修後面談の実施

研修での学びを仕事にどのように活かすかを伝えていただきます。

テーマに沿った1か月の行動計画の実践

参加者の声

株式会社ホーム創建 常務取締役 三品 弘一 様

Q.研修に参加された理由は何ですか?

社員さんの中で役に対する責任の重さや職務内容から、喜んで幹部に挑戦する人が少ないことに悩んでいました。私自身がもっと会社の夢を語り、社員さん達に夢を与えられる存在となるべく参加しました。

Q.研修の中で得た気づきや学びを教えてください。

経営幹部としてのあるべき姿と現状とのギャップに気がつきました。また、自分自身も幹部としての人格とスキルを磨き、会社の成長発展に貢献し、次の世代へ良い形で引き継いでいこうという覚悟が決まりました。

Q.自分自身や会社にどのように変化がありましたか?

他社様の企業事例からフォロワーシップ(上司を支える力)や、ついていく側の責任を強く感じることができました。社長の補佐役として、経営理念に使命を燃やし全員参加型経営に挑戦しています。
今後はさらに、社員さんが働く喜びを心から感じることができる職場環境づくりを幹部として促進していきます。

株式会社ホーム創建 常務取締役 三品 弘一 様 (木造建築工事業・北海道)

参加要領

研修会場

大阪研修センター福岡研修センター

受講対象

経営幹部・幹部候補・後継者
※コンサルティング業関連・研修教育業関連等、同業の方の参加はご遠慮ください。

定員

50名

受講料(税込)
オーナー会員 PSV会員 一 般
259,200円 272,160円 285,120円

※受講開始3日前までに、お振込をお済ませください。
※受講者ご本人様の都合により受講を中断された場合、受講料の返金はいたしかねます。

振込先

三菱UFJ銀行 池田支店 普通預金 1321672
口座名 (株)日本創造教育研究所
※恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います。
※4月1日より三菱東京UFJ銀行が『三菱UFJ銀行』に変わりました。

研修のご案内 研修当日のご案内や研修資料はメールでお送りします。
ただし、必要に応じて、お電話・郵送・FAXをさせていただくこともあります。
※個別にお送りする内容のため、共通(代表)のアドレスでは登録できません。あらかじめご了承ください。
注意事項
  • 暴力団関係者(準構成員等も含む)・暴力団関係企業・団体、その他反社会的勢力に属する方の参加はご遠慮ください。
  • 研修中の撮影・録音・パソコンの使用は、お断りさせていただきます。
  • 駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。
  • 講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 研修後の参加者アンケート

お問い合わせ・ご相談

06-6388-7741

受付時間:月~金 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ