サイト内検索
VOICE

お客様の声

松下幸之助翁に学ぶ経営問答塾

研修に参加された理由をお聞かせください。

「企業は社長の器以上にならない」と田舞代表に学び、もっと我が社を良くしたいと決意しました。そして、木野親之先生から松下経営哲学を学びたいと思い参加しました。

気づきや学びを教えてください。

松下経営哲学や理念「人に光を当てる」・「王道の経営」等は、永久不滅の真理であり、究極の人間愛だと肌で感じました。言葉では表現しにくいのですが、毎回もっと磨かなければという新たな気づきと、次の希望の扉を開いてもらっています。

自分自身や会社にどんな変化がありましたか?

職員・子ども達が一層愛おしくなり、大切にしたいと思うようになりました。10年学んでまだまだですが、少しずつぶれない判断ができるようになり、一人ひとりの職員の頑張りに光を当てています。
今後はさらに経営のしっかりとした舵取りをし、私たちの職業の使命である、未来を担う子ども達すべてが「確かな子どもの育ち」ができるよう、職員一丸となって取り組んでいきます。問答塾、これからも学び続けます。

学校法人市藤学園 理事長 市川 由貴子 様(教育・保育・千葉県)

学校法人市藤学園 理事長 市川 由貴子 様

研修に参加された理由をお聞かせください。

可能思考研修を受講し、永続企業にしたいという強い念いが湧いてきました。また、漫然としていた経営哲学や経営理念をしっかりと肚に納めるため参加しました。

気づきや学びを教えてください。

2003年よりこれまで10回受講しております。とても簡単な言葉で教えてくださるのに、毎講新しい気づきがあります。
松下幸之助翁の「素直になる」の意味に近づいたのは、参加5回目ぐらいになってからでした。学びが深まったことにより、自分の質問だけでなく、他の受講生の質問と木野先生の回答にも頷けることが多くなりました。

自分自身や会社にどんな変化がありましたか?

毎期きちんと増益し経常利益10%超の体質になりました。また、法人の組織を変えて、福利厚生を厚くし、全員が一丸になる姿勢がより鮮明になりました。
学び続けることの大切さを確信しています。さらに素晴らしい会社だと社員さんが誇ってもらえるような会社を創って参ります。

学校法人国際学友会 理事長 宮 耕 様(日本語学校・京都府)

学校法人国際学友会 理事長 宮 耕 様

研修に参加された理由をお聞かせください

私は、経営する上で松下幸之助翁の経営哲学をお手本とさせていただいています。その松下幸之助翁に直接40年以上も御指導受けた木野親之先生の話を直に聞きたかったため、研修に参加しました。

気づきや学びを教えてください。

人に光を当てる、三方良しの経営が解っているようで解っていないことに気づかされました。業績が良く永年継続するためには、人に光を当てる、三方良しを徹底的に実現すること。そのためには、考え方、誠意、行動が全てであることに気づかされました。

自分自身や会社にどんな変化がありましたか?

私自身の社員さんに対する接し方と、社内の環境、待遇を改善しました。この3年間、その結果が顕著に業績に増収増益となって表れ、また、人財確保にも良い影響を与えています。
第1回目から毎回参加しておりますが、今後も松下幸之助翁が実践した会社経営を木野親之先生を通して学んでいきます。

株式会社ミヤザキ 代表取締役 山之上 道廣 様(製造業・埼玉県)

株式会社ミヤザキ 代表取締役 山之上 道廣 様

研修に参加された理由をお聞かせください

松下幸之助翁の王道の経営哲学は、これからの時代の変化にどう対応すべきかなど、経営者としての姿勢、考え方を正してくれる大切な教えです。木野親之先生や田舞代表の体験を元にした講義も楽しみにしながら参加しました。

気づきや学びを教えてください。

「“松下電器は何をつくるのか”と尋ねられた時に“松下電器は人をつくるところです。併せて電気器具をつくっております”」など数々のエピソードをお聞きする中で、人財育成の大切さ、人に光を当てる経営を学ぶことができました。

自分自身や会社にどんな変化がありましたか?

宇宙根源の法則は、心の持ち方一つで変わると教えていただきました。経営者として素直に美しい心で働き、宝である社員さんを更に大切にする決意を高めることが出来ました。また、感謝の心と謙虚さを忘れず常に情熱を持つことで、良き社風づくりに繋がっています。

株式会社エグチ 取締役会長 江口 秀雄 様(建設業、土木・千葉県)

株式会社エグチ 取締役会長 江口 秀雄 様

Q1. 研修に参加された理由をお聞かせください

当社のトップ交代の時期になり、会長としての役割や心構えを学びたかったことと、最盛期の15%ほどの市場規模になった和装小売団体の長として、業界に対してどのような貢献ができるかを学びたかったので参加しました。

Q2. どのような気づきや学びがありましたか?

生きていく上で、苦しいときや環境が厳しい時にどのような心構えや行動が必要かを学びました。松下幸之助の王道の経営は、現在の21世紀のマーケティングにかなったものであり、奥が深いと感じました。宇宙根源の法則を理解することで、世の中は生成発展するようにできているということが一番深い学びでした。

Q3. 会社や経営にどのような効果がありましたか?

会社や組合組織の様々な意思決定の場面では、軸がぶれないようになったと思います。また、トップとしての方向性を示すのにも、常に公を意識して行動するように心がけています。これからも勉強をして、精進努力していきたいと思います。

株式会社 細見互福グループ 代表取締役 会長 細見 拓三 様(和装小売業、写真スタジオ経営・兵庫県)

株式会社 細見互福グループ 代表取締役 会長 細見 拓三 様

優先課題が明確になった!

会社は黒字経営をしているものの、時代の変化のスピードに今後どう対応していったら良いかという危機感を持っていました。新規事業の決断、事業継承者の育成、戦略の是非等々、問題は山積みでした。
木野先生から、小手先の戦術ではなく『理念の確立の重要性、使命の意識、そして王道の経営』の大切さを学ぶことが出来ました。お陰様で明日への優先課題が明確になり、意欲を取り戻す事が出来ました。
まだまだ問題・課題はありますが、優先順位が見えてきたので、迷いなく、一歩一歩前向きに取り組んでいこうと決意を新たにしました。

鳥海建工株式会社 代表取締役 鳥海 靖久 様(総合建設業/埼玉県)

鳥海建工株式会社 代表取締役 鳥海 靖久 様

木野先生との問答で一念発起!

ビジョン経営沖縄セミナーにて木野先生の講義を拝聴したおかげで、ビジョン・中期計画・事業計画・経営理念が1本化しました。そして、ビジョン達成に向けた事業計画の推進により発生する多くの課題を解決する糸口を探しに「経営問答塾」に参加しました。
先生との問答で、戦略・戦術ではなく、ビジョン・理念が大切なことを学びました。『人に光を当てる経営』の実践こそが、ビジョン達成への原動力になることを実感しました。また、木野先生のアドバイスによって取り組んだ結果、最大のチャンスを掴むことができ、順調に売上を伸ばしています。
弊社の問題解決の糸口を見つける大切な研修と位置づけ、これからも学びを続ける所存です。

株式会社アクティス 代表取締役社長 河村 貴夫 様(建築・軌道業/福岡県)

株式会社アクティス 代表取締役社長 河村 貴夫 様

意思決定が明確になった

来るべき事業継承に、どのような心構えで臨めば良いのかを相談したくて参加しました。
木野先生の講義を聞いて、事業継承とは単に事業を引き継ぐことではなく、「志をつなぐこと」だと気づかされました。それ以降、経営者の仕事は、100年後を見据えた企業風土を醸成することだと考えるようになりました。社内での勉強会の中で、理念やビジョンの話題が多くあがるようになりました。また、私自身もより長期的な視点で意思決定を心がけるようになりました。前向きな社風になっていることを感じています。
人に光を当てる経営を心がけて、「日本一働きがいのある会社創り」に向かって頑張ります。

有限会社岸本木材店 代表取締役 岸本 泰生 様(国産材製材業/宮崎県)

有限会社岸本木材店 代表取締役 岸本 泰生 様

経営に迷いがなくなった

10年ほど前、会社の売り上げも利益も順調でしたが、何故か張り合いを感じられない毎日でした。そんな時に経営問答塾を知り、受講しました。
木野先生のひと言ひと言が衝撃的で、それまでの迷いが消えました。経営とはいかにしてライバル会社に勝つかでなく、お客様の要望に応えること、そして社員の幸せを実現していくことだと確信しました。
問答塾を受講し続けて10年、社内から3人の社長が誕生しました。王道の経営を社員と一緒に実践し、お客様に必要とされる会社をつくっていきます。

有限会社マスヤマメディカル 代表取締役社長 増山 文男 様(調剤薬局経営/栃木県)

有限会社マスヤマメディカル 代表取締役社長 増山 文男 様

業績は経営者の力量と考え方で決まる

会社の業績を上げ、社員さんが自身の能力を発揮できる働きやすい社風をつくることを目的に受講しました。木野親之先生から松下幸之助翁の経営哲学を直接学ぶことも目的の一つでした。
受講して、企業を発展させるには社員の能力とやる気を引き出すことが必要であること、そして業績は経営者の力量と考え方で決まることを改めて学びました。また、経営者として分かっている様で分かっていなかったことにも気づき、自社の問題点も見えてきました。
研修で学んだことは、すぐに現場に取り入れて改善に活かしています。その結果、厳しい経営環境の中でも業績を確実に伸ばしています。さらに業績を上げるために、まず自分自身が学び、会社のレベルアップにつなげます。

株式会社ミヤザキ 代表取締役 山之上 道廣 様(精密樹脂加工業/埼玉県)

株式会社ミヤザキ 代表取締役 山之上 道廣 様

社長の仕事は会社を成長させること

私は創業時、社長とは強い人でなければならない…と、考えていたのですが、様々な問題にぶつかるたび自問自答し続けていました。経営問答塾での学びや出逢いを通して、社長の仕事は会社を成長させることであり、自分だけが強くても何の役にも立たないことに気づきました。木野先生のご講義で松下幸之助翁の経営哲学を学び、質疑応答では明確に答えていただきました。松下幸之助翁は社長の一番重要な素質について聞かれた時、「愛嬌や!」と答えたそうです。私はこれからも学びを通し、もっと『愛嬌』を増やしたほうがいいかもしれません。

株式会社大新興産 代表取締役 呉島 勇男 様(遊技業/岡山県)

株式会社大新興産 代表取締役 呉島 勇男 様

修行に果ては無い!人生毎日修行

王道の経営に惹かれ、5年連続で経営問答塾に参加しています。もっと深く気づける自分になりたいと継続して学んでおります。会社を成長させるために最も大切なことは、経営者の姿勢と人間力だと思います。どんな出来事からも自分が学ぶことが非常に大切で、それが社員さんの意識を高め、会社を成長させます。ビジョンを掲げ、理念に基づいた経営を行うことで、社員さんのなかに「会社への誇り」が高まりました。そういう意味でも、人間力を高めるには、松下経営の勉強が最高だと感じています。

株式会社小野写真館 会長 小野 修 様(写真撮影業/茨城県)

株式会社小野写真館 会長 小野 修 様

木野先生との対話に経営のヒントがありました!

経営をしていると、様々な問題・障害が押し寄せてきます。深夜、一人もんもんと悩むことも少なくなかったのですが、同じような悩みを抱える経営者たちとの出会いや、木野先生との一問一答に大きな気づきや経営のヒントがありました。木野先生の優しい語り口調から出るお言葉に、松下幸之助翁から直接ご教授いただけるほどの意味と価値を感じています。『人に光を当てる経営』言葉で言うのは簡単ですが、これを日々の実践にまで落とし込めるよう、今後も木野先生から『王道の経営』を学ばせていただきます。

株式会社インテックス 代表取締役 金山昇司 様(岡山県)

株式会社インテックス 代表取締役 金山昇司 様

進むべき道が見え、迷いが無くなりました!

社員の能力を最大限に発揮させられず、自問自答の日々を続けていた7年前、経営問答塾を受講しました。「王道の経営」の講義では自分の進むべき道が見え、曖昧だった経営理念も自分の想いを込めたものになりました。それからは、迷いが無くなり、清々しい気持ちで問題解決に取り組めるようになりました。「王道の経営」を夢見て話し続け行動しているうちに、社員たちも前向きな思考になり社風が変わりました。7年連続で受講を続けてますが、6月決算の今期は、過去最高の経常利益をあげることができました。生涯の師と心から尊敬する木野先生との出会いをくれた日創研に感謝です。

有限会社マスヤマメディカル 代表取締役 増山文男 様(栃木県)

有限会社マスヤマメディカル 代表取締役 増山文男 様

経営者としての心の指針ができました!

木野先生の講義には大変な感銘を受けました。企業経営をある例えにしてお話いただき、経営者としてのあるべき姿が明確になりました。今では私の経営の基盤となり、心の指針となっています。経営問答では経営への不安が解消され、勇気をいただきました。また多くのアドバイスをいただくことができ、社員を信じることを学びました。その結果、社員との意思疎通が明確になりました。
松下幸之助翁直伝の経営哲学を学ぶことができ、木野先生には心より感謝しております。

株式会社峰岸商会 代表取締役 峰岸 一郎様(山梨県/21TT)

株式会社峰岸商会 代表取締役 峰岸 一郎様

経営者の使命が明確になった

初めて経営問答塾に参加した時は、何となくわかったような思いでいました。しかし3回4回と継続して学ぶうちに先生のお話が自分に当てはまり、間違った経営をしていることに気づき反省するようになりました。また経営上の悩みや葛藤が解消され、経営者として何をすべきか、使命やビジョンも明確になりました。
学び続けるうちに少しずつ先生の話がわかり始めてきました。これからも学び続けさらに成長していきます。

株式会社しんえい 代表取締役社長 天倉 利美 様(和歌山県)

株式会社しんえい 代表取締役社長 天倉 利美 様

もやもやした気持ちが消えた

問答塾を4回受講しました。問答塾は受講すればするほど、奥深さを感じる研修です。木野親之先生がいわれる「王道の経営」は一見簡単のようで、いざ実行しようとするとなかなかできません。 先生の凄さは講義だけではありません。受講生のどんな質問に対してもまずはいったん受け入れてから質問者自身にも考えさせます。そして、問答をしながら、質問者自身に答えを見つけさせるのです。他の人の質問を聞き、自分の考えと先生の考えの差異を考えることが、私の一番の勉強になっています。経営においてもやもやしたものをお持ちの方には本当におすすめの研修です。

株式会社くらしコンサル 代表取締役 小礒 安之 様(群馬県/18TT)

株式会社くらしコンサル 代表取締役 小礒 安之 様

人に光を当てる王道の経営を目指そうと決意

Q1.研修に参加された理由をお聞かせください。

「どんなに経済の状況が悪くても生き残り、100年続く会社にしたい」、「松下幸之助翁の経営哲学を、木野先生から直に学びたい」という思いから参加しました。

Q2.研修の中で、どのような気づきや学びがありましたか?

宇宙根源の法則にのって経営すれば必ず成功すると言いますが、具体的にはどんなことだろうと思っていました。木野先生は、そんな疑問に分かり易く答えてくださいました。松下経営哲学を実践されてきた木野先生の一言一言に、深い意味が込められていました。私も社員さんを素直に認めて、人に光を当てる王道の経営を目指そうと決意しました。

Q3.研修に参加されて、貴社の経営にどのような効果がありましたか?

以前から経営理念はありましたが、命を吹き込むことができました。常に、「今の行動が理念に反していないか?」、「人が主役の経営になっているか?」、「この行動が人のお役になっているか?」、「この言動で社員さん・お客様に喜ばれるか?」など、幹部の行動指針が明確になりました。
低迷する業界の中にあって、人に光を当てる表彰制度やありがとうカードの実践など、学びの習慣により当社は会社が明るくなり、勢いも増して売上を伸ばすことができました。木野先生の研修のお陰様で、迷いも吹っ切れて今ここの経営に集中出来るようになりました。ありがとうございます。

有限会社武蔵野クリーニング商会 代表取締役 松本 賢一様

有限会社武蔵野クリーニング商会 代表取締役 松本 賢一様