株式会社日本創造教育研究所

研修一覧

業績アップ6か月研修

研修について

講師紹介

松原 誠

松原 誠

株式会社日本創造教育研究所
研修講師

業績アップに直結の実践型研修

このセミナーでは流行の経営手法や戦略を導入するのではなく、経営の基本に立ち返って、業績アップの手法を体得していただきます。理論を学ぶだけでなく、6か月の職場での実践を通して、利益の上がる企業体質へ構造変革をしていきます。

開催日程

2017年 日程表

第1講   1日目 13:00~19:30 / 2日目 9:00~19:30 / 3日目 9:00~18:00
第2講以降 1日目 13:00~19:30 / 2日目 9:00~18:00

大阪開催

第1講 2017年1月25日(水)~ 27日(金) 大阪研修センター お申し込みを締め切りました。
第2講 2017年2月15日(水)・ 16日(木) 大阪研修センター
第3講 2017年3月13日(月)・ 14日(火) 大阪研修センター
第4講 2017年4月27日(木)・ 28日(金) 大阪研修センター
第5講 2017年5月22日(月)・ 23日(火) 大阪研修センター
第6講 2017年6月27日(火)・ 28日(水) 大阪研修センター

名古屋開催

第1講 2017年2月1日(水)~ 3日(金) 名古屋研修センター お申し込みを締め切りました。
第2講 2017年3月2日(木)・ 3日(金) 名古屋研修センター
第3講 2017年4月3日(月)・ 4日(火) 名古屋研修センター
第4講 2017年5月11日(木)・ 12日(金) 名古屋研修センター
第5講 2017年6月1日(木)・ 2日(金) 名古屋研修センター
第6講 2017年7月3日(月)・ 4日(火) 名古屋研修センター

札幌開催

第1講 2017年6月21日(水)~ 23日(金) 札幌研修センター お申し込みを締め切りました。
第2講 2017年7月27日(木)・ 28日(金) 札幌研修センター
第3講 2017年8月16日(水)・ 17日(木) 札幌研修センター
第4講 2017年9月14日(木)・ 15日(金) 札幌研修センター
第5講 2017年10月30日(月)・ 31日(火) 札幌研修センター
第6講 2017年11月29日(水)・ 30日(木) 札幌研修センター

福岡開催

第1講 2017年7月10日(月)~ 12日(水) 福岡研修センター お申し込みを締め切りました。
第2講 2017年8月18日(金)・ 19日(土) 福岡研修センター
第3講 2017年9月11日(月)・ 12日(火) 福岡研修センター
第4講 2017年10月11日(水)・ 12日(木) 福岡研修センター
第5講 2017年11月6日(月)・ 7日(火) 福岡研修センター
第6講 2017年12月11日(月)・ 12日(火) 福岡研修センター

東京開催

第1講 2017年7月19日(水)~ 21日(金) 東京研修センター お申し込みを締め切りました。
第2講 2017年8月29日(火)・ 30日(水) 東京研修センター
第3講 2017年9月27日(水)・ 28日(木) 東京研修センター
第4講 2017年10月23日(月)・ 24日(火) 東京研修センター
第5講 2017年11月20日(月)・ 21日(火) 東京研修センター
第6講 2017年12月14日(木)・ 15日(金) 東京研修センター

研修内容

損益構造を改革し、利益の上がる体質をつくろう!

研修の8つのポイント

  1. なぜ売上や利益が必要なのかを学ぶ
  2. 自社商品の分析と販売戦略を立案する
  3. 顧客から愛される企業へと変革する
  4. 「あなたから買いたい」と言われる営業スタイルを築く
  5. 新規開拓で顧客を増やす
  6. 業績アップの仕組みを作る
  7. 少数精鋭の組織を作る
  8. 数字が読め、結果をつくる人財を育てる

研修で行う自社の改革点

  • 損益構造の見直し
  • 商品のラインナップ・販売方法
  • 顧客視点からの自社の強みと弱み
  • 問題点・課題の抽出方法
  • 進捗管理の方法 など

研修の4つの特長

1. 職場で実践し、業績を上げる

1. 職場で実践し、業績を上げる
職場での取り組みを発表してアドバイスが得られます

業績アップの理論や具体的なノウハウを研修会場で学び、職場で実践します。職場での実践を通して研修内容への理解を深めながら、自社の業績アップを図ります。

2. 目標設定をして、業績アップに取り組む

2. 目標設定をして、業績アップに取り組む

研修に決算書をご持参いただき、自社分析を行ないます。自社発展に必要な利益の額や、各経費の割合を分析します。これらの分析をもとに売上と経費削減の目標を設定し、業績アップに取り組みます

3. 異業種から学べる

3. 異業種から学べる
ディスカッションを通して新しい発見が得られます

全国から様々な業種の方がご参加されます。異業種の皆さんと学ぶことにより、今まで気づかなかった経営のヒントや発見が多くあり、いわゆる自社や業界の固定観念を打破していきます。

アドバイザーからの実践的なサポートがある

アドバイザーからの実践的なサポートがある
アドバイザーが親身になってサポートします

研修期間中、各グループには担当のアドバイザーがつき、受講生をサポートしていただけます。実務に役立つアドバイスや具体的な方法など、受講生に合わせたサポートがあり、業績アップに大いに役立ちます
※アドバイザーとは実際に会社を経営している現役の経営者です

研修カリキュラム

第1講

業績アップの具体的方法

  • 自社の損益分岐点売上高を知る
  • 売上アップ6つの特性要因とポイント
  • 売上の具体的な上げ方
  • 変動費と固定費の削減方法
  • パレート図を使った固定費・変動費の分析
  • 決算書で行なう経営分析
第2講

売りたいものの明確化

  • 自社はどんな商品を売っているか
  • 商品寿命と商品開発
  • 創客の具体的方法
  • 商品とは何か
  • 自社で可能な得意先獲得法
  • 顧客の4分類
第3講

戦略とは何か(ライバルに学ぶ)

  • 重要度の高い経営資源は何か
  • 自社商品の市場性(成長・順調・低迷・没落)
  • 自社とライバル企業比較、市場での位置づけ
  • 企業体力×戦略で決まる企業の脅威
  • これからの戦略思考は何か
  • ライバルから学ぶベンチマークの仕方
第4講

育てる・攻める・守る・捨てる

  • 赤字から1億の経常利益を出したS社の事例
  • 次の商品を育てなかった悲劇
  • 守るための戦略
  • 捨てることが固定費と変動費を下げる
  • 販売力を身につける
  • 売上獲得ゲーム(実習)
第5講

顧客満足の仕組みを作る

  • 「育てる・攻める・守る・捨てる」の次に打つ手
  • 顧客満足とは何か
  • 顧客満足検討表
  • 顧客不満足の60%は“顧客対応”が原因
  • 顧客満足で業績を上げる事例研究
  • 特性要因図…その作り方と活用法
第6講

価格競争から価値競争へ

  • 昨日・今日・明日の経営とは
  • 業績アップのための特性要因と具体的事例
  • マーケティングの5つの機能
  • 中小企業にできるマーケティング
  • 人に光をあてる経営
  • 人財育成を急げ

参加者の声

株式会社シンホリ 代表取締役 近藤 智昭 様

Q1. 研修に参加された理由をお聞かせください

会社の業績が低迷していたので、業績を上げるために参加しました。参加者は、28TTを修了したばかりの私(社長)と、可能思考研修を学んでいる幹部社員7名です。

Q2. どのような気づきや学びがありましたか?

経営は「売上」を追うのではなく、「粗利」を追求することが大切だと心から思えるようになりました。そして、社員と共に学ぶことで一人ひとりの成長を身近で感じることができ、あらためて人財育成の大切さを深く認識することができました。

Q3. 会社や経営にどのような効果がありましたか?

前々期は赤字の決算でしたが、受講メンバーを中心とした業績アップ委員会の活動で、増収増益となり、直近の決算では黒字を確保することができました。社内の新しい取り組みにも社員さんから積極的な提案が出てくるようになりました。今回の結果をホップとして、今期は経常利益3%でステップ、来期は5%達成してジャンプの年にし、社員全員が真の幸せ、豊かさを感じることができる会社に必ずします。

株式会社シンホリ 代表取締役 近藤 智昭 様 (木材製造、住宅資材販売業業・愛知県)

株式会社川畑瓦工業 代表取締役 川畑 博海 様

数字への意識と徹底で業績が上がった!

損益構造の見直しをして、業績アップの仕組みをつくるために、幹部と一緒に参加しました。
これまで社内ミーティングを行なう際は単に売上報告のみでしたが、研修中は利益報告や経費削減の具体的な取り組み内容の報告をするなど、全社を巻き込んで業績アップ活動を行なうことができました。
一番の変化は、社内の数字への意識が高まったこと、そして徹底できたことです。今までは、粗利の少ない仕事も引き受けていましたが、利益ベースで仕事を選択して、引き受けるようになりました。それにより、以前と比べて利益体質の会社となり、経常利益が昨年の1%から5%へと向上しました。また、社員さんのコミュニケーションの質も大きく変わりました。
さらなる顧客満足、社員満足をつくるためにも、毎年社員派遣をして、業績アップの仕組み化を図って参ります。そして、私自身は業績アップ上級コースに参加して、さらに学び続けてまいります。

株式会社川畑瓦工業 代表取締役 川畑 博海 様 (屋根、外装工事業・鹿児島県)

参加要領

会場

各研修センター

持参物

◎3期分の決算書(または確定申告書)
※経営分析に使用します。提出することはありません。
◎桁数の多めの電卓
※自社の現状分析を行ないます。売上高の桁数が入るものをご持参ください。
◎その他、各講にて指定された物

受講料(税込)
オーナー会員 PSV会員 一 般
1名参加 251,640円 264,600円 277,560円
2名参加 231,640円/名 257,560円/名
3名以上 206,640円/名 232,560円/名
再受講 受講料から1名につき25,000円割引します

※オーナー会員のTT特典を振替えて受講いただけます。
※受講開始3日前までに、お振込をお済ませください。
※受講者ご本人様の都合により受講を中断された場合、受講料の返金はいたしかねます。

振込先

三菱東京UFJ銀行 池田支店 普通預金 No.1123953
口座名 (株)日本創造教育研究所
※恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います。

研修のご案内 研修当日のご案内や研修資料はメールでお送りします。
ただし、必要に応じて、確認のお電話や資料の郵送をさせていただくこともあります。
※個別にお送りする内容のため、共通(代表)のアドレスでは登録できません。あらかじめご了承ください。
注意事項
  • 暴力団関係者(準構成員等も含む)・暴力団関係企業・団体、その他反社会的勢力に属する方の参加はご遠慮ください。
  • 研修中の撮影・録音・パソコンの使用は、お断りさせていただきます。
  • 講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

事前説明会開催

詳しくはこちら

お問い合わせ・ご相談

06-6388-7741

受付時間:月~金 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ