株式会社日本創造教育研究所

研修一覧

Theマスターコミュニケーション6か月プログラム

研修について

最高のコミュニケーションは、「尊敬」と「信頼」と「感謝」から生まれる。

挑むべき理想もなく、タスク機能の弱い組織は、安易なメンテナンス機能に慣れ仲良し集団となってしまいます。これからの日本経済を考えると、どんな困難や障害に対しても、全社一丸となって立ち向かって「やりぬく力」をもった社風をつくる必要があります。
社長・幹部のコミュニケーションレベルが会社のレベルを決め、業績を決めるのです。
社長や幹部が自らを磨き続けない限り、コミュニケーションレベルの高い会社にはなり得ません。
社長と幹部が率先して、人間的魅力を磨き、コミュニケーション能力を高めましょう。

松下幸之助流 コミュニケーションから学ぶ

講師紹介

田舞 德太郎

田舞 德太郎

日本創造教育研究所グループ
代表

大友 光夫

大友 光夫

(株)日本創造教育研究所
研修講師

田舞 富太郎

田舞 富太郎

(株)日本創造教育研究所
研修講師

開催日程

2017年 日程表

第1日目 12:30~18:30 / 第2日目 9:00~18:00

第1講 2017年2月7日(火)・ 8日(水) 大阪研修センター お申し込みを締め切りました。
第2講 2017年3月21日(火)・ 22日(水) 大阪研修センター
第3講 2017年4月8日(土)・ 9日(日) 大阪研修センター
第4講 2017年5月8日(月)・ 9日(火) 大阪研修センター
第5講 2017年6月5日(月)・ 6日(火) 大阪研修センター
第6講 2017年7月18日(火)・ 19日(水) 大阪研修センター

研修内容

ビジネス成功のカギは、脳の活用にあった!

master-comunication-6_img

人間の脳は機能的に、理想脳・認識脳・楽観脳・悲観脳・ビジネス脳・ヒューマン脳・コミュニケーション脳に分けられます。
これらの脳を上手に活用することがビジネスの成功につながります。

 コミュニケーションには、目的がなければなりません。社風を良くし、経営革新の促進のための『ビジネス脳』を高めていかなければいけません。「社長の言うことであれば、信じよう」「この上司のためなら頑張ろう」とモチベーションを高めるコミュニケーション能力をつくり出すのがこのプログラムです。
 論語に「巧言令色鮮なし仁」という言葉がありますが、綺麗で巧みな言葉づかいだけでは、人を動機付けることも、信頼されることもできません。社長・幹部に本当になくてはならないものは、言葉や能力ではなく、人格であり、真摯さであり、誠実さであり、部下への愛情であり、尊敬されるコミュニケーションや、信頼のコミュニケーションなのです。

特徴

1. 松下幸之助翁をはじめとする偉大な経営者や、論語などの古典、大脳生理学の理論、心理学から社長・幹部に必要なコミュニケーションを学びます。
2. 自身の目指すべき指導者像を明確にし、それに近づくために具体的に実践します。
3. 単なるコミュニケーションスキルではなく、信頼と尊敬と感謝に基づくコミュニケーションによって働く人の共感を創り、経営革新を実践します。
4. 前向きに解釈する能力が強化できます。

効果

1. 社長・幹部が自身の志を高め、人格を育みます。
2. 組織のモチベーションを高める仕組みを構築し、社長・幹部との良好なコミュニケーションをうみだします。
3. 健全な価値観と、それに基づいた活気のある社風をつくります。
4. 指導者として科学的な自己像の分析をし、コミュニケーション能力を高めます。(成長型マインドセットの組織への導入)
5. Grit(やり抜く力)の社風づくり

研修カリキュラム

第1講

『尊敬され、信頼される社長・幹部のコミュニケーション』

『尊敬され、信頼される社長・幹部のコミュニケーション』

(1)松下幸之助はコミュニケーションの天才である。
「言いたい」はわたくしの欲求。伝えたい「こと」を言うことが大事。
(2)原因心理学と未来心理学の両面を活用
(3)社長・幹部の人間観とコミュニケーションの関係
(4)「何を伝えたか」よりも「誰が伝えたか」が決め手。
(5)マスターコミュニケーション確立の手順(まずはアクティブリスニング)

第2講

『脳は明確な機能を持っている』

(1)悲観脳と楽観脳と認識脳の使い方とコミュニケーション
(2)ストレスとコミュニケーションの関係
(3)超自我(PとA)の効果的マネジメントと社長力・管理力・現場力の強化
(4)社長・幹部のタイプ別コミュニケーション
(5)マスターコミュニケーションのための4大条件

第3講

『健全な価値観とマスターコミュニケーション』

『健全な価値観とマスターコミュニケーション』

(1)コミュニケーション能力は自己認識能力で決まる
(2)ブレイン・ファンクションのメカニズム
(3)社長・幹部としてのコミュニケーションの現実
(4)マスターコミュニケーションに必要な、人を見る力
(5)衆知を引き出すマスターコミュニケーション

第4講

『人間尊重と部下育成』

(1)トラストとリスペクトとアプリシエイトのゴールデントライアングル
(2)マインドセットの理解と仕事のできる人財育成
(3)「教えありて類なし(論語)」社風が人を育てる
(4)企業成長と人財育成の可能性を妨げているものの正体とは?
(5)成功している指導者はマスターコミュニケーションを身につけている

第5講

『生産的なコミュニケーションのルール』

『生産的なコミュニケーションのルール』

(1)心のポジションを健全化させる4つの方法
(2)アサーティブな人が前向きなコミュニケーションを引き出す
(3)働く喜びと業績向上の関係
(4)リーダーシップを発揮して業績低下のコミュニケーションを排除する
(5)生産的なコミュニケーションとは社内の心理的ゲームをなくすこと

第6講

『理想のコミュニケーション像と理想の社風づくり』

(1)心のありかたと意思決定のパターン(マインドセットの理解)
(2)理想の会社とマスターコミュニケーション(尊敬、信頼、慕われる)
(3)ビジネスとコミュニケーションの根本には慈悲深さが必要である
(4)「やりぬく力」の具体的方法
(5)マスターコミュニケーションとはその人の生き方そのものだ!

参加要領

定員

120名

会場

大阪研修センター

受講対象

経営者・経営幹部 限定
※コンサルティング業関連・研修教育業関連等、同業の方の参加はご遠慮ください。

受講料(税込)
オーナー会員 PSV会員 一般
1名 251,640円 264,600円 277,560円
2名 231,640円/名
3名 206,640円/名

※受講開始3日前までに、お振込をお済ませください。
※受講者ご本人様の都合により受講を中断された場合、受講料の返金はいたしかねます。

振込口座

三菱東京UFJ銀行 池田支店
普通預金 1124019
口座名 (株)日本創造教育研究所
※恐れ入りますが振込手数料はご負担願います。

研修のご案内 研修当日のご案内や研修資料はメールでお送りします。
ただし、必要に応じて、確認のお電話や資料の郵送をさせていただくこともあります。
※個別にお送りする内容のため、共通(代表)のアドレスでは登録できません。あらかじめご了承ください。
注意事項
  • 暴力団関係者(準構成員等も含む)・暴力団関係企業・団体、その他反社会的勢力に属する方の参加はご遠慮ください。
  • 研修中の撮影・録音・パソコンの使用は、お断りさせていただきます。
  • 駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。
  • 講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ・ご相談

06-6388-7741

受付時間:月~金 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ