株式会社日本創造教育研究所

研修一覧

企業内マネジメントコーチング6か月プログラム

研修について

講師紹介

湯ノ口 弘二

湯ノ口 弘二

コミュニケーションエナジー(株) 代表取締役
(株)日本創造教育研究所 研修講師

田舞 富太郎

田舞 富太郎

(株)日本創造教育研究所 研修講師

コーチングとは、「その人の能力の発揮を妨げている諸要因を取り除き、その人の能力を顕在化させる能力」です。更にマネジメントコーチングを定義すると、「部下の職務遂行能力と意欲を引き出し、自発的な人財を育成する能力」と言えます。このセミナーは部下・後輩・社員さんの持つ潜在能力を顕在化させ、生産性を高め、業績を上げ、成果を達成し続ける人財育成の手法を体得するプログラムです。アスリートにも必ず優秀なコーチがついています。部下育成も、コーチングスキルをもつ上司が必要です。上司と部下の間には「管理関係」と「相互信頼関係」の2種類が存在します。相互信頼関係ができると、社員さんの会社に対する忠誠心が高まり、生産性が上がり、定着率が良くなり、意欲が湧き、自発的な社風がうまれます。しかし、管理関係になると、社員さんの定着率は悪くなり、忠誠心も低く、生産性も上がりません。このセミナーの目的は、企業内に相互信頼関係を構築することにあり、自律型組織を確立することです。これからの企業経営の成長発展には、人的資源の充実が必要です。この厳しい経済状況だからこそ、人財の活性化が職場を変革し、企業の永続に結び付くのです。

開催日程

2017年 日程表

各講 1日目 13:00 ~ 20:00 / 2日目 9:00 ~ 18:00(実習の状況により、終了時間が前後することがあります)

福岡開催

第1講 2017年4月24日(月)・ 25日(火) 福岡研修センター お申し込みを締め切りました。
第2講 2017年5月29日(月)・ 30日(火) 福岡研修センター
第3講 2017年6月28日(水)・ 29日(木) 福岡研修センター
第4講 2017年7月24日(月)・ 25日(火) 福岡研修センター
第5講 2017年8月28日(月)・ 29日(火) 福岡研修センター
第6講 2017年9月25日(月)・ 26日(火) 福岡研修センター

東京開催

第1講 2017年6月1日(木)・ 2日(金) 東京研修センター
第2講 2017年7月3日(月)・ 4日(火) 東京研修センター
第3講 2017年8月2日(水)・ 3日(木) 東京研修センター
第4講 2017年9月7日(木)・ 8日(金) 東京研修センター
第5講 2017年10月4日(水)・ 5日(木) 東京研修センター
第6講 2017年11月6日(月)・ 7日(火) 東京研修センター

大阪開催

第1講 2017年8月9日(水)・ 10日(木) 大阪研修センター
第2講 2017年9月14日(木)・ 15日(金) 大阪研修センター
第3講 2017年10月12日(木)・ 13日(金) 大阪研修センター
第4講 2017年11月16日(木)・ 17日(金) 大阪研修センター
第5講 2017年12月20日(水)・ 21日(木) 大阪研修センター
第6講 2018年1月29日(月)・ 30日(火) 大阪研修センター

研修内容

やる場づくりに!社風改善に!業績向上に!

マネジメントコーチングの効果

マネジメントコーチングが実践できないと
マネジメントコーチングが実践できると

ポイント1 実践によりコーチングスキルが身につく

研修期間中にコーチ役(コーチングを行なう人)やクライアント役(コーチングをされる人)となり、コーチングを体験します。講義で学んだ理論と体験の両面から学び、コーチングスキルを身につけていきます。

ポイント2 サポーターからサポートが得られる

※サポーターとは、当研修プログラムを優秀な成績で修了された経営者・経営幹部の方です
サポーターが各グループを担当して、受講生の学びをサポートします。コーチングの知識・経験の豊富なサポーターが、コーチングを行なう上での疑問や質問、心構えや姿勢などを、受講生に親切丁寧にお伝えします。

ポイント3 サポーターと上司(社長)が受講生をフォローする

各講の研修終了後、受講生は会社の上司(社長)へ報告書を提出します。また、受講生の上司(社長)も担当サポーターへ報告書をお送りいただきます。担当サポーターと上司(社長)が協力して、受講生の学びをフォローします。

ポイント4 コーチングケースを作成して発表する

受講生が実際に行なったコーチングをケースとしてまとめ、発表します。ケースの作成を通して自分の体験が客観的に分析でき、コーチングへの理解がより深まります。また、他の受講生の発表を聞くことからも、多くの学びを得ることができます。

研修カリキュラム

第1講

マネジメントコーチングの理解

マネジメントコーチングの理解
  1. マネジメントコーチングの理解
  2. 参加者相互のチームワークづくり
  3. 効果的なリレーションづくり
  4. アクティブ・リスニングの理解と実践
  5. 脳科学の理解(ブレインファンクションのメカニズム)
第2講

傾聴・質問・承認スキルの習得

傾聴・質問・承認スキルの習得
  1. アクティブ・リスニングの復習と確認
  2. アクナレッジメントの理解と実践
  3. スプーン理論の理解
  4. 視点をマネジメントするスキルの習得
  5. 目標実現のコーチング GROWモデルとは
  6. 職場内でのコーチング学習と効果的な実践
第3講

ソリューション・フォーカスト・アプローチ

ソリューション・フォーカスト・アプローチ
  1. 問題解決思考と解決焦点思考
  2. ソリューション・フォーカスト・アプローチの学習と実践
  3. アドバイジング、ティーチング、フィードバック、モチベーションの概要
  4. マインドセットとリソースの発見
  5. チームビルディングを学ぶ
第4講

メタコーチング・シーズンモデル

メタコーチング・シーズンモデル
  1. メタコーチングモデルの理解と実践
  2. 人間成長の各段階の理解と対応を学ぶ
  3. 人間観・人生観を通して受容と共感のスキルアップ
  4. ライフサイクルの理解
第5講

チームコーチングと会議

チームコーチングと会議
  1. チームコーチングの学習と会議
  2. セルフ・エフィカシーの理解
  3. プレゼンテーションスキルの向上
  4. 職場内での実践から学ぶ
第6講

マネジメントコーチングの応用と実践

マネジメントコーチングの応用と実践
  1. マネジメントコーチングの再確認と応用
  2. コーチング文化と社風の醸成
  3. チームコーチングの応用と実践
  4. マネジメントコーチングによる人財育成の可能性について学ぶ

参加者の声

有限会社ティー・カンパニー 代表取締役 月田 賢 様

研修に参加されたきっかけを教えてください

新店舗のオープンに際して、店長が日に日にやる気を失っていく姿から、強い危機感を感じました。その責任は私にあり、完全なトップダウンの指示命令であったことが原因です。あれやれこれやれと指示命令だけをしていた結果です。

気づきや学びを教えてください

指示命令では、社員さんの生産性が低く、継続力も弱いです。また、自由な発想やアイデアも生まれにくくなり、社員さんのやる気を奪いとってしまいます。コーチングとは相手を尊重することであり、それこそが人財育成の根幹であることを学びました。

自分自身や会社にどのように変化がありましたか?

よく話を聴くことで、お互いの信頼関係が深くなったように思います。どうしても距離を感じてしまった社員さんも、よく話を聴き尊重することで自信に満ち溢れた行動に変わり、今では一店舗を任せられるほどに成長しました。今後も良い連鎖が起きそうです。
コーチングの学びを活かし、経営ビジョンの達成と経営理念の実現に向けて、一丸となって取り組んでいきます。

有限会社ティー・カンパニー 代表取締役 月田 賢 様 (東京都)

株式会社Relieve 代表取締役 鵜木 美穂子 様

研修に参加されたきっかけを教えてください

 経営者となって3年、社員さんとうまくやろう、良い社風にしようとすればするほど空回りし、孤立していく自分を感じていました。人の話を聴けてない自分、人財育成で人を変えようとばかりしていた自分に気づき、コーチング研修を受講することにしました。

気づきや学びを教えてください

コーチングを学ぶ中で、自分自身を何度も振り返り、気づき、傷つき、その中で少し自分を承認することができました。自己承認ができるようになったことで他者承認ができるようになり、『人を愛する』ことに繋がりました。社員さんを心から愛し、会社を愛し、関わる方々に愛を持って接していくことを学ぶことができました。

自分自身や会社にどのように変化がありましたか?

私が社員さんの話しを聴き素直に受け入れることによって、自分が至らない時には素直に謝り、社員さんも社内での出来事、仕事への意見やアイデアを話してくださるようになりました。
それを経営に繋げていこうとする雰囲気が出来始め、健全な社風に変わりつつあるのを感じることができます。
これから更に、経営を一緒に考えていける仲間を増やし、良い会社、良い社風になるために学び続けます。

株式会社Relieve 代表取締役 鵜木 美穂子 様 (鹿児島県)

参加要領

研修システム

以下の項目全てを満たした方を修了と認定します。
1)全6講12日間の出席
2)学習契約書(第1講宿題:コーチングを学ぶ目的)の提出
3)研修期間中に規定回数のコーチングを実施
  コーチ役:25単位の取得と報告書の提出
  クライアント役:15単位の取得と報告書の提出
4)コーチングケースの作成
5)企業内マネジメントコーチングについてのプレゼンテーションの実施

受講対象

経営者・経営幹部・幹部候補
※コンサルティング業関連・研修教育業関連等、同業の方の参加はご遠慮ください。

定員

大阪・東京 120名/福岡 60名

会場

各研修センター

受講料(税込)
オーナー会員 PSV会員 一 般
1名参加 251,640円 264,600円 277,560円
2名参加 231,640円/名 257,560円/名
3名以上 206,640円/名 232,560円/名
再受講 受講料から1名につき25,000円の割引をいたします。

●オーナー会員のTT特典を振替えてご受講できます。
※受講開始3日前までに、お振込をお済ませください。
※受講者ご本人様の都合により受講を中断された場合、受講料の返金はいたしかねます。

振込先

三菱東京UFJ銀行 池田支店 普通預金 1123995
口座名 (株)日本創造教育研究所
※恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います。

ご宿泊

各自でお手配ください

研修のご案内 研修当日のご案内や研修資料はメールでお送りします。
ただし、必要に応じて、確認のお電話や資料の郵送をさせていただくこともあります。
※個別にお送りする内容のため、共通(代表)のアドレスでは登録できません。あらかじめご了承ください。
注意事項
  • 暴力団関係者(準構成員等も含む)・暴力団関係企業・団体、その他反社会的勢力に属する方の参加はご遠慮ください。
  • 研修中の撮影・録音・パソコンの使用は、お断りさせていただきます。
  • 駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。
  • 講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ・ご相談

06-6388-7741

受付時間:月~金 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ