サイト内検索
VOICE

お客様の声

経営理念塾

研修に参加されたきっかけを教えてください。

我社は理念もなく、厳しい経営が続いていました。日創研で学び、多くの経営者と出会う中で経営理念の重要性を実感しました。私自身も経営理念について深く学びたい。短期の業績に一喜一憂せず、長期的視点に立って、良い会社をつくりたいと強く想い受講しました。

どんな気づきや学びがありましたか?

初年度の経験から、複数の社員さんと共に学んだ方が効果は大きいと確信し、2年目は8名で受講しました。受講前は理念を「つくる」と息巻いていた社員も、5講を迎える頃には、理念は「向き合う」ものだと変化していきました。

自分自身や会社にどのように変化がありましたか?

私自身、経営に対する迷いが無くなりました。さらに社員さんたちも、自分の仕事にやりがいを感じ、誇りを持つようになりました。少しずつですが、企業の存在意義を表す『経営理念』と企業活動そのものが一体化してきたのを感じています。縁あって出逢えた社員さんと共に、研鑽していきます。

株式会社堀内電機製作所 代表取締役 杉田 光徳様(電気機器製造業・静岡県)

株式会社堀内電機製作所 代表取締役 杉田 光徳様

研修に参加されたきっかけを教えてください。

父親でもある社長と一緒に参加しました。「社長の心からの願い・覚悟」をしっかり腹に落とし、「ブレない軸」を定めたいと思い受講しました。

どんな気づきや学びがありましたか?

自分自身が悩み・苦労した中から産み出た「理念」でないと、本当に人に共感してもらい、熱を帯びた「経営理念」にはなり得ないということが一番大きな気づきです。容易に見つかるものではありませんでした。

自分自身や会社にどのように変化がありましたか?

自分自身の「理念」を見つけるため、不安・苦労・悩みといったものを前向きに捉えることができるようになりました。短期的ではなく、長期的に考えて、あるかどうかわからない「答」を探す腹が据わりました。今後は会社の経営、自分の人生において、熱を帯びていてかつワクワクする方向を目指していきます。

株式会社黒田精機製作所 チームリーダー 黒田 崇裕様(自動車部品製造業・愛知県)

株式会社黒田精機製作所 チームリーダー 黒田 崇裕様

経営理念の確立こそ、経営の根本である!

日創研で学び続けて20年、経営理念塾は3度目の受講となりました。今回は私を含め3名で参加し、創業の精神の伝授と経営理念の浸透を図ることが目的でした。
毎講の講義で、幹部も経営理念の重要性を理解するようになりました。そして理念委員会を通して、経営理念を全社員に伝える伝道師となってくれていました。おかげで社員全員が経営理念に興味を持ちだし、もっと理念を身近に感じるために工夫をしたり、理念に沿った仕事の仕方を話し合うなど変化が現れました。
私自身は、曖昧だった経営理念とビジョンの関係性を深く考えることができました。学べば学ぶほど様々な課題に気づき、学ぶことの大切さを思い知らされます。経営理念の確立こそ経営の根本と考え、社員さんと共に更に学び続けて参ります。

有限会社ホウユウ 代表取締役 植田 一郎 様[メイン会場受講](機械設備業・大阪府)

有限会社ホウユウ 代表取締役 植田 一郎 様[メイン会場受講]

創業の念いが社員さんの心を動かした!

息子が起業家養成スクールを修了した際、現経営者である私と後継者である息子の2人が共に学んでいくのに相応しい研修として勧めていただき受講しました。
経営理念塾を受講する過程で、社内に「理念委員会」を設置しました。社員さん一人ひとりが大切にしている思いや、私の「創業の念い」を共有できる機会を得たことが何よりの成果でした。私が「創業の念い」を語った翌日、それまで、20年間研修を避けていた社員さん自らが「研修を受けたい」と申し出てくれました。私自身がどんな思いで経営してきたのかを語ったことが、社員さんへの動機づけになったのだと思います。
今回の受講がきっかけで、私自身の「創業の念い」を整理し、明文化することができました。今後は理念委員会のメンバーだった社員さん達と共に経営理念の浸透を図って参ります。

株式会社アビーロード 代表取締役 手塚 貴志 様[サテライト会場受講](砕石業、産廃処分業・北海道)

株式会社アビーロード 代表取締役 手塚 貴志 様[サテライト会場受講]

Q1. 研修に参加された理由をお聞かせください

少子高齢化や消費税増税後の反動により、新築住宅の需要が減退していくなかで、既存事業の事業ドメインや経営理念を見直すために参加しました。

Q2. どのような気づきや学びがありましたか?

激変する経営環境の中で永続企業であるために、これから先の事業領域や企業目的・使命などをより明確にすることができました。企業経営の原点ともいうべき、経営理念を改めて見直すことにより今後の進むべき方向性が定まりました。

Q3. 会社や経営にどのような効果がありましたか?

今までの経営理念は、私が我流で作成したものであり、一人よがりのものだったと反省しています。今回、一緒に参加した幹部や社員と話すことで、社員の思いや会社に対する期待など、全員の声が反映された一層共感が持てる経営理念ができました。これから経営理念を社内により一層浸透させ、より良い会社を目指します!

株式会社アイム・コラボレ-ション 代表取締役 石橋 雅則 様(建設、不動産業・岡山県)

株式会社アイム・コラボレ-ション 代表取締役 石橋 雅則 様

理念を通じて所内のコミュニケーションが活発に!

経営理念は作成してはいましたが、事務所を永続させていく上で経営理念がすべての根幹になるため、再考しようと思い参加しました。
研修の一環で、事務所内に経営理念委員会を立ち上げました。経営理念について、また、企業としてどうあるべきかという根幹について所員の半数の人たちと話す機会が得られたことが何より良かったです。自分の代で終わりではなく永続させていくために、お客様に対して、“百年企業を支える事務所づくり”を掲げました。そのことで5年先のお客様の支援という今までの短期的な視点から、10年先・30年先のお客様の発展にどのように貢献できるかという長期的な視点に変わり、サービスの内容や経営方針書にまで良い効果が出ています。
これからも経営理念に恥じないような経営をするため、人財育成にさらに力を入れていきます。

小川清春税理士事務所 所長 小川 清春 様(税理士事務所・福岡県)

小川清春税理士事務所 所長 小川 清春 様

創業の精神から魂の入った経営理念ができる

可能思考研修を学びながら、経営理念がまだまだ浸透していない現状に気づき、幹部と二人で経営理念塾の門を叩きました。
研修では、経営理念に関する基本的な知識や概念、理論、手順などを学びました。そして、経営理念は経営者の創業の精神を基にした魂が入ってできているものであると知り、今まで掲げてきた経営理念は「魂がない、ただの絵に描いた餅」であったことに気づかされました。そこで理念を刷新し、新たに魂の入った理念を作り直すことにしました。理念浸透には社員さんたちの共感が不可欠であるため、社員さんたちも巻き込みながら経営理念を作り上げました。今は、毎朝朝礼の時に経営理念の唱和をしています。
また来年も幹部と3人で参加し、理念の大切さを学び、いい会社づくりをしていきます。

株式会社 エー・シー・トランスポート 代表取締役 池永 和義 様(運送業・埼玉県)

株式会社 エー・シー・トランスポート 代表取締役 池永 和義 様

創業の精神から自分のするべきことがより明確になった!

2001年に日創研のセミナーで社員さんと共に作成した理念がありましたが、15年が経ち再確認するために参加しました。
今回は専務と受講し、二人で経営理念について徹底的に話をしました。普段でも、理念に基づいた経営をしています。しかしその理念を深堀する機会はあまりありませんでした。私は後継経営者であり、創業というものに携わっておりません。研修の中で、創業の精神を深めるために、御先祖様がどんな環境で、どんな思いで経営してきたかを調べることがありました。それらを通して、自分のするべきことがより明確になりました。良い機会をいただきましたので、経営の目的である経営理念をこれからも磨き続けたいと考えます。

大橋珍味堂株式会社 代表取締役 大橋 史和 様(珍味製造販売/滋賀県)

大橋珍味堂株式会社 代表取締役 大橋 史和 様

社員と経営理念を考えることで、社員が自分の言葉として語ってくれる

今回は2度目の受講でした。創業10周年を迎えて経営理念のブラッシュUPがしたかったからです。
『経営理念は、独りよがりになってしまってはいけない』、『経営の視点・顧客の視点・無私の視点の3つが大切だということ』、『お客様や地域が応援したくなるような理念でなければならない』という話が大きな学びになりました。
今回は、幹部社員たちと4名で受講しました。経営理念の何たるかを共に学び、一緒に新しい理念を創り上げたことで、社員さん達が社内で経営理念を語ってくれています。みんなで理念を創り上げましたが、これからも私の念いを語り伝えながら、社員さんたちと共に学び、本物の理念を磨き続けて、地域に喜ばれる会社にしていきたいと思います。

株式会社 氏原(源泉湯 燈屋) 代表取締役社長 氏原 敦 様(温浴・飲食業/山梨県)

株式会社 氏原(源泉湯 燈屋) 代表取締役社長 氏原 敦 様

理念の浸透は「念いの継承」

理念が存在しながらも浸透していない現実と、社長の考えをスタッフに伝えきれていない自分自身に気づき、その解決の糸口を求め社長と一緒に受講しました。
「理念は社長の理想の念い」という講師の言葉に、自分の役割の重要さを再確認し、身が引き締まる思いでした。念いを言葉にする難しさに悩み続けましたが、並行して受講した『経営理念作成セミナー』で多くのヒントをいただき、納得のいく理念ができました。
経営理念イメージDVDを自社で作成し、方針発表会の際に上映しました。それ以後、スタッフの会話の中に「理念」という言葉が増えました。これも、一緒に考えてくれたスタッフのおかげです。
理念の浸透は社長の念いの継承。これからもスタッフと共に、理念という念いをつないでいきます。

特別養護老人ホーム ひょうたん村 副施設長 羽石 紀恵 様(介護施設/栃木県)

特別養護老人ホーム ひょうたん村 副施設長 羽石 紀恵 様

理念が新しい商品・技術を生み、利益をもたらす

以前より経営理念はありましたが、他の研修を受講した際、理念ではなくスローガンになっているとのアドバイスをいただきました。一から理念体系を学び、スタッフ・お客様・社会から共感される理念を築くため参加しました。
研修では、講師の創業にまつわる体験談や他社の事例など、たくさん刺激を受けながら楽しく学ぶことができました。中でも、経営理念が新しい商品・技術を生み出し、それが利益をもたらすという講義は、まさに目からウロコでした。
社内で理念委員会を作り、月2回勉強会を行っていますが、私の念いを伝えるだけでなく、今まで気づかなかったスタッフの考えを聴く場となっています。今後も継続し、現場に根付いた理念を確立させ、良い会社を築き上げていきます。

株式会社ヨロチョー 代表取締役 北垣 博康 様(飲食業・FC/鳥取県)

株式会社ヨロチョー 代表取締役 北垣 博康 様

想いが詰まった経営理念が完成

会社の方向性を明確にするためにも、自社の存在価値を学び、会社の在り方を確立し、会社の風土をつくる必要があると感じ受講しました。経営理念は、経営者の生い立ちや生き方が大きく影響すると学び、今後の生き方をあらためて深く考えました。それによって、両親や家族、これまでお世話になった方々、周りの人達、特に社員さんに対する感謝の気持ちがより一層強くなりました。
また、社内で理念委員会を立ち上げ、社員さんと一緒に理念をつくることで、経営理念が経営方針にも反映され、社員さんの意見や想いを具体的に取り入れることができました。想いが詰まった経営理念と経営方針を実現するために、精一杯使命を全うします。

株式会社マイハウス 代表取締役 根本 実 様(不動産業/茨城県)

株式会社マイハウス 代表取締役 根本 実 様

経営理念は経営者の言霊(ことだま)

経営理念塾は数年前に一度受講しましたが、若いスタッフでも理解できるよりわかりやすい言葉で再構築し直そうと思い、再受講しました。経営理念とは自身のみならず、お客様、社員さん、世の中に対する誓いの言葉であり、経営者の言霊であることを学びました。講義やいろいろな会社の事例を通して学んだことを自社に置き換えることで、自分の心の奥底にあった沢山の念いがあふれてきました。その念いを基に構築した新たな経営理念は、スタッフが仕事で迷った時の判断基準となっています。これからも自分自身が理念の実践者として率先垂範し、スタッフとともにビジョンの実現、使命の達成に日々努めて参ります。

岡山ビューホテル ((株)セントラル・パーク) 代表取締役 上野 宏一郎 様(ホテル業/岡山県)

岡山ビューホテル ((株)セントラル・パーク) 代表取締役 上野 宏一郎 様

理念を深掘りすることができた!

毎朝、経営理念の唱和はしていましたが、全員の行動が伴わず、理想と現実のギャップに違和感を感じていました。それは社員さんのせいではなく、自分自身の中で経営理念が確立していないことが原因だと気づかされました。この研修は自己内観しながら体系的・論理的に経営理念の策定を学ぶことができるので、改めて自社の理念が表す本質的な「価値や意味」を問い直し深掘りすることができます。
今後は社員さんと共に、日々の行動の中で理念を体現し、ありがとう溢れる増益企業を目指していきます。

株式会社かね萬 代表取締役 赤松 勝治 様(建設資材・工具販売/福岡県)

株式会社かね萬 代表取締役 赤松 勝治 様

理念と戦略が一体になった!

経営者が理念を実践することの重要性を感じ、自分自身を律することができる理念を創るために参加をしました。
早速、自社内で理念委員会を発足し、持ち帰った課題を社員さんと一緒に考えました。経営理念が確立したことにより、社員さん達は会社の使命や存在意義を認識することができ、私自身が立てる経営戦略にもブレがなくなりました。今後も、経営理念の実現に向かって努力を続けて行きます。

アサヒ化工株式会社 代表取締役 諸岡 純 様(プラスチック製品製造業/三重県)

アサヒ化工株式会社 代表取締役 諸岡 純 様

理念経営の真の大切さがわかった!

「良い会社にしたい」。そう強く思っていましたが、社内はまとまりがない状態でした。この研修を受講して、その原因が明確になりました。それは、自らの経営に対する念いを明確に示していないことでした。そこで社内に理念委員会を設置して討論をしました。私と社員の考え方の違いを伝え、私の念いに社員を巻き込みました。その結果、私は理念に基づいた判断ができるようになりました。今後、全社員が理念を共有し、理念に基づいた判断ができるようになれば、良い会社になると確信しました。

株式会社エヌ・アイ・アイ 代表取締役 江川 放起 様(兵庫県)

株式会社エヌ・アイ・アイ 代表取締役 江川 放起 様

価値観が一致し、社内が活性化した

自社の経営理念が本当に自社に合った正しい価値観なのかを再確認するために、研修に参加しました。 社内で理念委員会を立ち上げて社員さんと再度、自社の理念を深掘りしてつくり直しました。 社員さんと一緒になって理念をつくる事で今までの理念とは違い、より価値観が合うようになり社内が活性化するようになりました。また、経営理念には理念体系という概念があり、理念が企業経営と業績に密接に関係しており改めて大切であると感じました。 今後も社員一丸となって理念経営を続けていきます。

株式会社SQUARE(豚美) 代表取締役 朝陽 賢一様(大阪府)

株式会社SQUARE(豚美) 代表取締役 朝陽 賢一様

我が社の目的は、みんなを笑顔にすること!

以前、私は経営の目的が不明確になり、悩み、原点に立ち返って自社を見つめ直したいと思っていました。この研修で理念について学ぶことで、我が社の目的を明確にすることができました。
我が社では赤ちゃんの服を作っています。我が社の目的は、服を着た赤ちゃんやそのご両親やご家族、共に働く仲間や我が社に関わるビジネスパートナーを笑顔にすることです。この目的が明確になることで経営への念いが強くなり、地震を持って意志決定ができるようになりました。今後も、この念いをさらに高めていけるように経営をしていきます。

株式会社丸茂繊維 代表取締役 近藤 幸生様(愛知県/8TT)

株式会社丸茂繊維 代表取締役 近藤 幸生様

業務における判断基準が明確になりました

Q1.研修に参加された理由をお聞かせください。

第19回企業内教育インストラクター養成コースを卒業後、実践ビジネススクール、企業内マネジメントコーチング6か月プログラムで学んだ際に、講師や仲間の皆さんから経営理念の大切さを教えていただき、参加致しました。

Q2.研修の中で、どのような気づきや学びがありましたか?

経営理念塾に参加して良かった点は、経営理念を作成できたことで、業務における判断基準が明確になったことです。このことで、私が自信を持ち意思決定を行なうことができるようになってきました。また「理念委員会」を発足させ、『理念と経営』社内勉強会をスムーズに開催できるようになりました。

Q3.研修に参加されて、貴社の経営にどのような効果がありましたか?

私たちの不動産業界も大変厳しい経営環境が続いておりますが、前期(平成21年5月末日決算)の売上総利益で、過去最高益を出すことができました。少しずつですが、経営理念を作成した効果が業績にも表れてきたように思います。

株式会社のぞみハウジング 代表取締役 吉野 輝永様

株式会社のぞみハウジング 代表取締役 吉野 輝永様