SEMINAR

セミナー

お問い合わせ・ご相談

06-6388-7741

受付時間:月~金 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

実践マーケティング塾
「人材開発支援助成金」活用のご案内

セミナーについて

我々の生き残り戦略は明確か!

コロナ禍において、経済は「K字」型、二極化の様相を呈しています。業種間格差、企業間格差が顕著になる中、どういう経営をすれば生き残れるのか?一番喫緊の課題なのです。その対応策は、ずばり「創発」マーケティングの実践です。「創発」とは、創造的発想をもって市場を創造していくことです。当塾では、従来のマーケティングだけではなく、「生き残り」から「アフターコロナ」に向けた新しい発想のマーケティングを創造していきます。本当に市場は収縮しているのか?消費者の欲求は減退しているのか?「固定観念」を打破し、いかに「顧客視点」に立ったマーケティングを実践するかが重要です。その「本質」を掴めば、必ずや市場は拓けます。セミナーの中では、実際に「創発」ノートも活用しながら、マーケティングの発想を広げていただきます。きっと素晴らしい気づきやヒントを得ることでしょう!皆さん、創発マーケティングでピンチをチャンスに変えていきましょう。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

講師紹介

古永 泰夫

古永 泰夫

NISSOKEN 経営コンサルティング部門 主任研究員
中小企業診断士

[ 主な担当セミナー ]
・新しい時代の社長学
・ビジョン経営沖縄セミナー
・実践ビジネススクール  他

開催日程

2022年 日程表

第1講・第6講 1日目 13:00~18:00 (18:00~19:00 経営談義)/2日目10:00~17:00
第2講~第5講 10:00~17:00 (17:00~18:00 経営談義)

当社では会場開催にあたり、新型コロナウイルス感染拡大防止のための徹底した殺菌消毒処理を行っています。
館内の殺菌消毒はじめ換気の徹底、座席間の距離の確保、スタッフの健康確認やうがい、手洗い、手消毒など、安心してセミナーにご参加いただける環境を整えています。
また、セミナーに携わる講師・スタッフもワクチン接種済み又はPCR検査で陰性反応を確認の上、担当させていただいております。
セミナーに参加される皆様も、来館時にはマスクの着用及び備え付けの消毒液での手消毒、検温、抗原検査にご協力いただきます。
これらにご了承の上、ご自身の責任のもとセミナーにご参加いただけますようお願い申し上げます。

大阪会場 またはオンライン受講

第1講 2022年6月27日(月)・ 28日(火)
第2講 2022年7月28日(木)
第3講 2022年8月29日(月)
第4講 2022年9月28日(水)
第5講 2022年10月28日(金)
第6講 2022年11月28日(月)・ 29日(火)

大阪会場またはオンライン受講

第1講 2021年8月24日(火)・ 25日(水)会場受講の方もオンラインとなります。 お申し込みを締め切りました。.
第2講 2021年9月27日(月)会場受講の方もオンラインとなります。
第3講 2021年10月28日(木)
第4講 2021年11月24日(水)
第5講 2021年12月21日(火)
第6講 2022年1月24日(月)・ 25日(火)

今後のセミナー開催状況と新型コロナウイルス感染症への対応

セミナー内容

企業の目的は顧客の創造
その鍵はマーケティング!!

実践マーケティング塾4つの特徴

① マーケティングの「本質」を追求する(理念マーケティング)
② 実際の企業事例を豊富に扱い、「マーケティング」を学ぶ (ディスカッション)
③ 自社の「マーケティング戦略」を立案し、計画に落とし込む
④ マーケティング計画を発表し、アドバイスをもらう
※毎回「創発ノート」による情報交換あり!!

マーケティングとは

マーケティングとは、「売れる仕組み」をつくること、さらには「売れ続ける仕組み」をつくること、つまりお客様が自ら買いたくなる状態をつくることを言います。
そのためには徹底して顧客視点に立ち、お客様により満足してもらえるような商品を開発して、明確なターゲットに向けて効果的に情報発信していくことが大事です。実践マーケティング塾では、マーケティングの本質を学び、戦略を立て、具体的な計画書に落とし込んでいきます。

マーケティング→セリング

「顧客思考」とは、
顧客の立場に立って、顧客の悩みや痛み・願いや希望を感じ取り、それをいかに解消し、解決していくかという考え方です。

成熟市場でも「顧客思考、顧客視点」に立てば、ヒットする事例

現在、白物家電はほとんどの家庭で普及してきています。
たとえば総務省「平成26年全国消費実態調査」によれば、電気掃除機の普及率は、1位の富山県では98.8%、47位の沖縄県でも90.0%です。
これ以上は売れない市場といっても過言ではありません。
しかし、現実には掃除機が売れています。
しかも外資系企業の掃除機がヒットしているのです。

その代表例が
1) ダイソン(イギリス)
2) ルンバ(アメリカ)
3) レイコップ(韓国)
皆さんもご存知ですね。

ダイソンは、従来の掃除機の問題点であった吸引力の低下を解決しました。
さらに、面倒だった紙パックの取替えをも不要にしました。

ルンバはアイロボット社製の自動掃除機です。
働きに出ていて掃除する時間がなく、何とかならないか?というニーズから生まれました。

レイコップは、布団専門の掃除機ですね。
布団についた埃を従来の掃除機ではうまく取ることができませんでしたが、それを改善したものになります。

すべては、顧客、生活者、消費者の困りごとから出てきた商品です。
普及率という過去のデータや企業側の捉え方では、生まれなかった商品群なのです。
やはりこれからは、顧客思考をもったマーケティングが求められるのです。

セミナーカリキュラム

第1講

マーケティングの本質を掴む!(マーケティングの3S)

マーケティングの本質を掴む!(マーケティングの3S)
  • 非常事態のマーケティングと平時のマーケティングとは
  • 非常事態におけるマーケティングは、顧客コミュニケーション
  • 非常事態におけるマーケティングは、顧客の「不安」解消から始めよ
  • 非常事態でも「マーケティングの本質」は、変わらない
    <マーケティングプロセスの体系>を把握せよ!
    ①マーケティングは、「売れ続ける仕組みづくり」である
    ②マーケティングプロセスとは
    ③R-STP-5Pモデルとは~事例によるディスカッションと考察~
第2講

「emergency(非常事態)」から「emergence(創発)」マーケティングへ

「emergency(非常事態)」から「emergence(創発)」マーケティングへ
  • 「STP」戦略の立案(エマージェンス(創発)マーケティング)
    ・Segmentation(市場細分化)ー特定の層から支持を得られるように
     市場を細分化する
    ・Targeting(ターゲット顧客の明確化)ー顧客イメージを具体化するため、
     ターゲット顧客を絞り込む
    ・Positioning (ポジショニング・差異化・独自化)ーターゲット顧客から選ばれる
     立ち位置をつくる
    ①ターゲット顧客を明確にせよ
    ②ターゲット顧客の潜在ニーズを探れ
    ③ターゲット顧客の心の中のポジショニングを明らかにせよ
    ~事例によるディスカッションと考察~
第3講

ターゲット顧客のニーズ・ウォンツを知る!

ターゲット顧客のニーズ・ウォンツを知る!
    ◆ターゲット顧客と「DMU」(インフルエンサー等)の本音とは
    ◆顧客の「インサイト(本音)」を探れ!(顕在ニーズと潜在ニーズ)
    ◆インタビュー、ヒアリング、行動観察等々
第4講

「エマージェンス(創発)」マーケティング5P戦略の立案

「エマージェンス(創発)」マーケティング5P戦略の立案
    ◆NISSOKEN5Pの「最適な組み合わせ」でエマージェンス(創発)を
     考える
    ◆価値の創造―価値の伝達―価値の提供と5Pのすり合わせ
    ~事例によるディスカッションと考察~
第5講

「独自価値」を「顧客価値」に変換する

    ◆共感ストーリーを創り、それを熱く語ろう!!
    ◆自社及び自社商品、サービスの「語り部」を創れ!!
    ◆マーケティングストーリーと5P戦略
    ~事例によるディスカッションと考察~
第6講

マーケティング戦略(計画)の発表と検証

マーケティング戦略(計画)の発表と検証
    ◆マーケティング戦略(計画)の発表とアドバイス
    ◆まとめ

参加者の声

セミナーに参加されたきっかけを教えてください。

少子高齢化に伴い新築住宅の着工棟数が今後さらに減少していく中、会社と社員さんの将来に強い危機感を感じていました。10年先の新たな市場、顧客、需要を創るため参加しました。

どんな気づきや学びがありましたか?

マーケティングとは何か?という本質が理解できました。世の中に沢山の情報が溢れ、お客様が私たちより先を行っていることが多くあります。だからこそ、まだお客様の気づいていないニーズを掴むことが必要だと感じました。そのために常日頃からなぜ?と思うことを意識し、気づきを常に持ち歩いている創発ノートに書くようにしました。常に自社に活かせるものはないかと考える習慣ができました。

自分自身や会社にどのように変化がありましたか?

従来の考え方に囚われないよう、今回、比較的業界歴の浅い社員さんと一緒に参加しました。経営者一人で悩み考えるのではなく、社員さんと一緒に受講したことで、ワクワクする未来を考えることができました。 売れ続けるためには、顧客が買い続けてくれる仕組みを作ることだと分かりました。そのためには全社員で、お客様の問題解決を図り、常に一歩先を行けるマーケッターを作ります。そして自社のファンづくりをして行きます。

株式会社纐纈建設 代表取締役  纐纈 雅文 様 建築業 (岐阜県)

株式会社纐纈建設 代表取締役  纐纈 雅文 様

参加要領

開催方法

2022年6月27日(月)~ 大阪研修センターまたはオンライン受講

受講対象

経営者 ・ 経営幹部 ・ マーケティング担当者
※コンサルティング業関連・セミナー教育業関連等、同業の方の参加はご遠慮ください。

受講料(税込)
法人会員 一 般
1名 264,000円 290,400円
複数参加 237,600円/名

※お申し込み受付後、お支払いが必要な場合、請求書をお送りいたします。
※フレックスコースのご使用が可能です。
※恐れ入りますが振込手数料はご負担ください。
※受講者ご本人様の都合により受講を中断された場合、受講料の返金はいたしかねます。

セミナーのご案内 当日のご案内はメールでお送りします。
研修資料は、事前に郵送でお届けさせていただきます。
お申し込み時に、お受け取りが可能なご住所をご登録ください。
※個人のメールアドレスをご入力ください。
 代表アドレスや役職アドレスは登録できません。(例:「info@」「postmaster@」「ceo@」など)
注意事項
  • 講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • セミナー中の撮影(スクリーンショット含む)・録音・録画は、お断りさせていただきます。
  • 暴力団関係者(準構成員等も含む)・暴力団関係企業・団体、その他反社会的勢力に属する方の参加はご遠慮ください。
  • 申込数が一定数に達しない場合や自然災害・感染状況により、 開催方法を変更したり、延期・中止を行う場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 必要に応じて、助成金申請のための「修了証明書」を発行します。ご希望の方はご連絡ください。
  • 講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
開催日程・お申し込み