サイト内検索
SEMINAR

セミナー

新しい時代の社長学

研修について

新しい時代の社長学は、『イノベーションを通して成功企業をつくる』ためのプログラムです。
有識者や実務経営者による講義や質疑応答、壁を打ち破る会議の実践などを通して、経営資源の最大化と企業価値の統合を図ります。
激変の時代は、常日頃学び続けている企業にとって大きなチャンスです。
企業は必ずビジョンどおり、社長の力量どおりになります。
永続する条件を備えてこそ成功するのです。
どうか奮ってご参加ください。

イノベーションを巻き起こし成功企業をつくる~経常利益率10%の高みに挑む~

なぜ今、『新しい時代の社長学』なのか?

1.「全員経営」体制の確立を目指す!
2.「壁を打ち破る会議」の実践法の習得
3.全社員の経営者意識を育む仕組みの醸成
4.機動的な「全員経営」の組織づくり
5.壁を打ち破る経営戦略の策定
6.新しい時代の競争優位戦略の再構築
7.ターゲットの明確化と経営資源の最大化
8.これまで培ってきた企業価値の統合

ハードルを上げないと、真の革新は得られない!

講師紹介

メイン講師 田舞 德太郎

メイン講師
田舞 德太郎

日創研グループ
代表

松原 誠

松原 誠

日創研 代表取締役社長

檜山 治

檜山 治

日創研 研修講師

他多数
各専門分の講師が担当します。

5名のスペシャル講師による講演

第3講嶋口 充輝 氏慶應義塾大学 名誉教授、日本マーケティング協会 理事長

これまで、エーザイ、ライオン、サントリー、サンリオ等の社外取締役等を歴任。

第4講野中 郁次郎 氏一橋大学 名誉教授

イノベーションを組織的に生み出すための方法論として、世界的にも注目されている「知識創造経営理論」の第一人者。2002年に紫綬褒章受章。

第5講内田 和成 氏早稲田大学ビジネススクール 教授

ハイテク、情報通信サービス、マーケティング戦略、新規事業戦略、グローバル戦略の策定、実行支援を数多く経験する経営学者・コンサルタント。
2006年度には「世界の有力コンサルタント、トップ25人」に選出

第6講丹羽 宇一郎 氏伊藤忠商事株式会社 元取締役会長

世界中で幅広い事業を手掛ける総合商社である伊藤忠商事で社長、会長を歴任。
社長就任の翌年には約4000億円の不良債権処理を断行し、V字回復を達成した日本屈指の実業家。

第7講谷井 昭雄 氏松下電器産業株式会社 第4代目社長

技術者出身の松下電器産業(現・パナソニック)第4代目社長。
社員時代は録音機事業部長、ビデオ事業部長を歴任。
事業部一丸となって、ビデオ事業推進に尽力した。
松下幸之助翁と33年間ともに仕事をし、存命中の最後の社長として直接指導を受けた。
その創業者からの教えや念い、松下経営哲学を後進に伝え続けている。

開催日程

2018年 日程表

開催時間 毎講 1日目 12:00~19:30 / 2日目 9:00~18:00 / 3日目 9:00~18:00 ※第2講のみ

第1講 2018年7月24日(火)・ 25日(水) 東京研修センター お申し込みを締め切りました。
第2講 2018年8月24日(金)~ 26日(日) 東京研修センター
第3講 2018年9月23日(日)・ 24日(月) 東京研修センター
第4講 2018年10月25日(木)・ 26日(金) 東京研修センター
第5講 2018年11月16日(金)・ 17日(土) 東京研修センター
第6講 2018年12月15日(土)・ 16日(日) 東京研修センター
第7講 2019年1月26日(土)・ 27日(日) 大阪研修センター
第8講 2019年2月23日(土)・ 24日(日) 大阪研修センター
第9講 2019年3月25日(月)・ 26日(火) 大阪研修センター
第10講 2019年4月13日(土)・ 14日(日) 大阪研修センター
第11講 2019年5月25日(土)・ 26日(日) 大阪研修センター
第12講 2019年6月22日(土)・ 23日(日) 大阪研修センター

※講義日程とは別に、月1回アクティベータ―が貴社に訪問します。

研修内容

社員重視の全員経営へ

研修の3つの目的

経営資源の最大化と企業価値の統合

1. 経営の原理原則に基づくトータル経営戦略書の作成と実践

8つの企業価値の統合

①経営理念・ビジョン・使命・目的の整合性
②成長戦略・差別化戦略の具体策
③人間主役の全員経営の企業文化
④そのための人財育成の仕組みづくり

2. 全員経営を実現する組織デザインと仕組みづくり

現在の状況に安易に妥協して守りに入るのではなく、どのように時代を先取りして「社会的価値」の高い進路に舵をきっていくかが問われる時代です。
一人ひとりの主体性と創造力を発揮させる組織デザインと仕組みづくりを行います。

3. 社員様とお客様の幸せを実現するための高経常利益率を目指し、イノベーションを図る

働く人々や協力会社を犠牲にしてあげた利益は真の利益ではありません。
それを追求した企業は間違いなく短命に終わっています。
この研修ではお客様の満足と社員のエンゲージメント(愛着度)向上のために、利益率を高める目標を設定し、全社でイノベーションを起こしていきます。

研修の5つの特徴

1.具体的な成長戦略・差別化戦略・競争優位の高い戦略の策定と実践

理念・ビジョンなくして真の方針は生ぜず、基本方針なくして戦略も具体的目標も生まれません。
目標なくして計画はなく、計画なくしてモチベーションは生まれず実践はありません。真に存在価値の高い企業になるための競争優位をつくり、具体的な成長戦略・差別化戦略を策定します。

自社のイノベーションを妨げる壁は何か?

2.経常利益率10%実現のための、毎月の売上・業績・人時生産性アップの行動計画立案と実践

経常利益率10%を実現するため、毎月の具体的な数値目標・行動計画を立案し、実践していきます。 会社において目標や指標は、非常に重要な役割を果たします。人口減少・競争激化・一極集中といった、逆境はすでに始まっています。この時代を生き抜き、永続企業を創るための基盤をつくっていきます。

3.戦略策定のためのプロジェクトを立ち上げて、「壁を打ち破る会議」を実施!アクティベータ―が毎月サポートします。

経営戦略を策定するために、戦略推進チームやプロジェクトチームを結成し、現場からの提案を引き出します。「壁を打ち破る会議」で戦略策定を行うと同時に、自社の壁を浮き彫りにして、それを打ち破ります。会議にはアクティベーターが参加し、問題解決と課題達成、経営革新の促進に向けてサポート致します。

4.新たなるステージの扉を開くスペシャル講師による講演

各界の有識者や実務経営者に様々な角度から、講義と質疑応答をしていただきます。
世の中の流れを把握し、より専門的に学ぶことができる貴重な機会です。

5.日創研 アクティベーターによる充実したフォロー体制

自社のポジションを現実的・客観的なデータを通して深く考察し、その計画を実現するため、弊社の「アクティベーター」が
月1回訪問します。壁を打ち破る会議の導入など、各種ツールの活用に基づき進めていきます。


日創研のアクティベーターが貴社に毎月訪問してサポート!
壁を打ち破る会議!!

「アクティベーター」とは

社員のみなさんと一緒に「全員経営の仕組み」をつくり、活性化を促進する役割。

  • 改善提案の促進
  • 朝礼指導・方針や計画書理解のためのOJT支援
  • 各委員会の作り方や活動についての事例提供
  • 会議の生産的運営のレクチャー
  • 会議の感想や日創研の事例提供
  • 目標達成の促進活動と情報提供
  • 復習・方針や計画書づくりの質疑応答

どの企業にも、自社の成功を阻む4つの壁が存在する

第一の壁 無自覚の壁
第二の壁 無関心の壁
第三の壁 無知の壁
第四の壁 無責任の壁

これらの壁を打ち破った会社が、
永続的な成功をつかんでいる!!

壁を打ち破る会議がもたらす効果

「全員経営」とは

一人ひとりが経営者意識を持ち、 主体性と創造性を発揮する経営。

全員が同じ理念ビジョンを共有→能力開発と成長実感の場づくり→主体性と創造性を発揮する場づくり→経営への参画意識の向上→業務改善業績への貢献→経営への貢献に対する評価

トップ判断ではもう遅い! その場で判断する『全員経営』で経営革新のスピードを上げよう!


業績の良い会社はさらに業績が良くなり、業績の悪い会社はさらに業績が悪化する厳しい時代

「カンブリア宮殿(テレビ東京)」にも出演された2企業の経営者にお聞きしました。

Q. なぜ、高い業績を上げておられるのに、『新しい時代の社長学』を社内で導入されるのですか?

株式会社びわこホーム様

トップ自らが率先垂範で学び続け、自社に活かす

代表取締役会長 上田 裕康様

我々住宅業界のマーケットは確実に縮小しています。最大時は162万棟あったのが、現在は85万棟。2020年には75万棟、2022年には60万棟になると言われています。
今は確かに業績は上がっているけれど、この先はわかりません。普通に考えても、業績を上げ続けていくほうが不思議です。
しかし、我々の目標は『永続』にあります。50年、100年、いや200年粛々と生き続ける。そのためには、業績を上げ続けていく必要があります。
現社長と私が学び続けて、外部環境の変化を掴み、しっかりと次のマーケット、顧客の真のニーズを押さえていかねばなりません。
マーケティング、ブランディング、プロモーションの3つを念頭に置きつつ、研修に取り組みたいと思っています。

終わりなき理念経営を追及する

代表取締役社長 高木 光江様

現状のままでは駄目だと感じています。全ては理念やビジョンの実現のため、社員さんの喜び、幸せのために経営をしています。
それがお客様の喜び、幸せに繋がっていきます。そういう会社にするためには、更にお客様に愛されないといけません。経常利益率10%もゴールではなく、これからの時代を生き抜き更に強い会社にしていくためのステップです。
現状に甘んじて我流に陥らないよう、常に学び、外部の方と触れ、終わりなき理念経営を追求し、自分を刺激し続ける場が大事だと思っています。そのために、我が社はこのセミナーの参加・導入を決意しました。

株式会社ピーターパン様

新社長と共に盤石の土台を築く

取締役会長 横手 和彦様

パン業界では焼きたてパンの市場は最盛期39%のシェアがありましたが、現在では25%のシェアとなっております。そんな中、日創研で学んだ社会性の追及、人間性の追及、企業の永続という3つのバランスを取りながら経営することで成長してまいりました。しかし、美味しいパン造り、おもてなしの接客では社員さんの暗黙知を表出しているだけで、会社としては永続できる仕組みは全くできておりません。いわばピーターパンは砂上の楼閣です。
このセミナーを機会に新社長と共に磐石の土台を築くことこそ、ピーターパン永続100年の計ではないかと思い、受講する決心をしました。

経営者として、体系的かつ戦略的な思考を習得する

代表取締役社長 大橋 珠生様

私が事業継承をして2年が経過しました。弊社の経営ビジョンを実現し、100年企業を目指していくためには様々な課題があります。経営面において、どこから手を打っていくべきかは重要です。それにトップダウンでなはく、社員さんが自分たちで気づいて動き、自分たちの手で成果が創りだせたと体感できる、全員経営の実現を目指していきたいと考えています。
また自分自身、経営者としての経営知識が不足していると感じています。今後、経営者として体系的かつ戦略的に考えられる思考を習得したいと思い、受講を決意しました。

研修カリキュラム

第1講

理念・ビジョン・使命・戦略の整合性

● 何故、今新しい時代の社長学か・一年間のゴール
● アクティベーターの企業派遣と各種診断の必要性
● 理念・ビジョン・事業目的・使命の明確化と計画書
● 計画実現には壁を打ち破る会議力が不可欠

第2講

単年度並びに三ヵ年財務計画

● 成長戦略に基づく2019年度の単年度の損益計画と方針
● 理念・ビジョンに応じた貸借対照表の作成とC/F計画
● 戦略的な三か年のP/L・B/S・C/F計画と実践
● 人時生産性のUPと目標賃金のUP計画と方針

第3講

マーケティング方針と戦略と具体的実践

● 時代の変遷による「マーケティング」のあり方を概観する
● 「統合型マーケティング」の体系について
● 「マーケティング・ミックスの最適化」を考える
● マーケティング予算とマーケティング組織について

第4講

販売に対する方針と営業戦略と具体的実践

● 最大のマーケティングは販売・営業である
● 9つの顧客の戦略的格付けとLTV(顧客生涯価値)を高める
● カスタマージャーニーを包括的に捉えて差別化する
● パーソナライズCX戦略を急げ!

第5講

顧客満足づくり

● 4つのサービスの品質向上で顧客価値を高める
● アンコンシャスプロブレムを解決する商品をつくれ
● 顧客の継続的な取引とリピート率強化戦略と具体的計画
● 顧客エンゲージメントと社員エンゲージメントの関係

第6講

新しい時代の競争優位戦略(コア・コンピタンス)と再構築

● 新しい時代の競争力とニーズ対応力の源泉
● コア・コンピタンス感覚なくして競争優位は作れない
● 価格決定権を持つにはコア・コンピタンスで価値をつくれ
● 市場縮小にこそ商機はある。異質化戦略でイノベーションを急げ

第7講

商品・技術・サービスの革新計画と新規事業

● 戦っている武器は何かを分析・陳腐化は必ずおきる
● 経営革新と新規の事業(商品・技術・サービス)戦略
● 三つの革新(改善策・組み合わせ策・創造策)
● 新しい時代のプロダクトイノベーション

第8講

社風改善と企業文化づくり

● 自社の「社風診断」を考察する
● 「やる気」を高める社風像を明確にする
● 「社風」と「企業文化」の醸成
● 「企業文化」は社長の念いと行動がつくる

第9講

組織力向上と会議力の強化

● 経営資源の最大活用を実現する会議
● 社内の4つの壁を打ち破る
● プロジェクトチーム活動を推進する会議
● 全員経営、スピード経営、トータル経営の実現に向けて

第10講

社内のコミュニケーションとエンゲージメント

● 企業文化とコミュニケーション
● 健全なパーソナリティの確立とコミュニケーション
● コミュニケーションの5段階の手順
● 社員満足(ES)からエンゲージメントの時代へ

第11講

人財育成とキャリア・アップ

● 企業の永続の決め手となる人づくり戦略
● 働く人の成長のための10年ビジョンと年度計画・目標の自主設定
● 真のキャリア・アップを実現するエンゲージメント
● モチベーション向上のための脳科学的アプローチ法

第12講

具体的経営方針と戦略案、具体的実践計画の完成

● 1年間の業績結果と来期の損益構造改善
● 明確な成長戦略と具体的計画と実践
● コア・コンピタンスの強化の具体策の検証
● 自社の経営戦略の発表とアドバイス

参加要領

受講条件

①現場力の強化を図るため、可能思考教育を導入していただきます。
②企業文化のさらなる健全化を図るため、指定するOJT(「理念と経営」社内勉強会・「13の德目」朝礼・委員会活動)を実施していただきます。
③現状・課題・経営資源を把握するため、5つの診断を実施していただきます。
④経常利益率10%を目指すため、「壁を打ち破る会議」を開催していただきます。

会場

東京研修センター大阪研修センター

定員

66社限定

受講料(税別)
オーナー会員 一 般
1人目 1,800,000円(税別)
(1か月あたり15万円)
2,000,000円(税別)
2人目以上 1,000,000円(税別)/名 1,100,000円(税別)/名
3人目以上
選択受講
1講座 90,000円(税別)/名 1講座 100,000円(税別)/名
1社2名以上のお申込みの企業様に限り、3人目以降から各講座ごとの選択受講が可能です。各講の内容に携わる専門職の社員様と一緒にご参加ください。

受講料の振込がお済みでない方は、受講前にお手続きをお願いします。
※振込口座は、お申込受付後にお送りする請求書をご確認ください。
※振込手数料は貴社負担にてお願いします。
※アクティベーター訪問時の交通費等は別途必要です。

研修のご案内 研修当日のご案内や研修資料はメールでお送りします。
ただし、必要に応じて、お電話・郵送・FAXをさせていただくこともあります。
※個別にお送りする内容のため、共通(代表)のアドレスでは登録できません。あらかじめご了承ください。
注意事項
  • 暴力団関係者(準構成員等も含む)・暴力団関係企業・団体、その他反社会的勢力に属する方の参加はご遠慮ください。
  • 研修中の撮影・録音・パソコンの使用は、お断りさせていただきます。
  • 自然災害などにより、開催日の変更や中止を行う場合があります。
  • コンサルティング業関連・研修教育業関連等、同業の方の参加はご遠慮ください。
  • 講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。

「新しい時代の社長学」お問い合わせ・資料請求