サイト内検索

規模別101名以上の企業編

企業の規模別課題特質と対策
企業の規模によって、表出する問題は変わります。社員数でみた規模別の課題とその対策を挙げます。

社員数100人〜1000人

中堅企業
課題
  • トップの思っていることと、現場でやっていることに乖離がでてきることがあるので、中間層の力量で会社の成長が決まる。
  • 競合や大手との競争が激しくなるため、営業力の強化や商品開発力、人財育成に力を注がなければならない。
  • 社会に対する責任が大きくなるので、しっかりとした経営哲学や倫理観がトップとして必要になり、それを社員全員にまで浸透させる。
対策
  • 組織が大きくなっているので、その中間層に対しての教育には十分な投資をしなければならない。中間層や経営幹部の指導力、部下育成力、マネジメント力、サポート力が会社の盛衰を決めてしまう。
  • 自社のコアコンピタンスを明確にし、その周辺バリュー育成にも力を注ぐ必要がある。将来の自社を支える新たな商品開発やビジネスモデルの変更を真剣に考えなければならない。
  • 社長として、人として、あるいは指導者としてのあり方、人間観を健全にしていく必要がある。
101名以上の企業にお薦めのセミナー

受講をご検討の方へ