サイト内検索

規模別100名までの企業編

企業の規模別課題特質と対策
企業の規模によって、表出する問題は変わります。社員数でみた規模別の課題とその対策を挙げます。

社員数50人~100人

中規模企業②
課題
  • 規模のメリットがでるが、小回りや柔軟性が効きにくくなるので、マネジメントに長けた人材が必要となってくる。
  • 会社が組織的になり、部署が分かれるため、組織間でのコミュニケーションルールや、人事評価の評価制度づくりなどが必要になってくる。
  • 組織のトップとしての力量をさらに伸ばさなければ、組織が機能しなくなる。中長期を見据えた計画が必要になる。
対策
  • 組織のリーダーには、リーダーシップやマネジメント能力を高めるための教育が必要となる。単なる知識だけでなく、行動し、結果をつくる可能思考能力の高い人財が求められる。
  • 部下のやる気を引き出すコーチングスキルや、部下を正当に評価するための人生評価制度の構築、会議や朝礼などの効果的な活用が求められる。
  • トップは、自社の強みや弱みを明確に把握し、外部環境である機会や脅威に対してどのように対応していくかを盛り込んだ中期経営計画を作成できなければならない。
100名までの企業にお薦めのセミナー

受講をご検討の方へ