サイト内検索

規模別50名までの企業編

企業の規模別課題特質と対策
企業の規模によって、表出する問題は変わります。社員数でみた規模別の課題とその対策を挙げます。

社員数20人~50人

中規模企業①
課題
  • 他社から競争相手としてマークされ始めるので、外部環境や競合への意識を高めていく規模である。
    経営者としての自覚と能力アップが求められる。
  • トップの目が行き届かなくなり始めるので、トップの補佐役としての幹部が必要となる。
  • 成長のための人材確保や人材育成に力をいれていく必要がある。
対策
  • 経営者としての自覚と能力をあげていくことが重要。単年度の経営計画を作成できるようになる必要がある。これらを作れるようになることで金融機関などからの信頼も高まる。
  • トップにすべての判断を仰がなくても経営理念や経営ビジョンを作成し、最低でも幹部に理解、浸透させる。自社のコアコンピタンスを明確にする。
  • 顧客の声を吸い上げたり、現場の力を引き上げるためにも現場の能力を高め、マネジメントできる幹部を育成しなくてはならない。
50名までの企業にお薦めのセミナー

受講をご検討の方へ