サイト内検索
SILLICON VALLEY BLOG

シリコンバレー通信

Vol.002 アマゾンの時価総額がすごいことになっている!

日本経済新聞によると、

「2月14日の米株式市場で、インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムは、終値ベースの時価総額で初めてマイクロソフトを抜き、米国と世界の株式市場で3位に浮上した。

強大な事業基盤を誇り時価総額の上位に並ぶ「IT(情報技術)ビッグ5」の中での勢力図の変化をうかがわせる。

アマゾンの時価総額は14日終値時点の概算で7020億ドル強(75兆円超)と、マイクロソフト(6990億ドル)を上回った。

アマゾン株がこの1年で7割上げたのに対し、マイクロソフト株の上昇は4割どまり。今回の株安局面でもアマゾンは下げが小さく、逆転につながった。

アマゾンの時価総額は2位のアルファベット(グーグル持ち株会社)の7440億ドル強にも迫りつつある。

アマゾン創業者のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は昨年、米ブルームバーグ通信の世界富豪ランキングでマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏を抜き、世界一になっている。

アマゾンの時価総額は日本企業で最大のトヨタ自動車の3倍超にあたる。
米企業の時価総額トップはアップルで、アルファベット、アマゾン、マイクロソフトに続く5位はフェイスブック。」
 
 
という記事が先月出たばかりであるが、3月21日の日本経済新聞では、
 
 
「米アマゾン、株式時価総額で初めてグーグル抜く 世界2位に

3月20日の米株式市場でアマゾン・ドット・コムの時価総額が初めてアルファベット(グーグルの親会社)を抜いた。アップルに次ぐ世界2位に浮上した。アマゾンはネット通販とクラウド事業を柱に成長期待が強い。ハイテク株全体がもたつく中でも買いが続いている。

QUICK・ファクトセットによると20日終値のアマゾンの時価総額は7680億ドル(81兆8000億円)、アルファベットは7620億ドル。

株価を昨年末と比べるとアマゾンが36%上昇した半面、アルファベットは4%高にとどまった。ネット広告の規制強化への警戒感も同社株の上値を抑えている。

アマゾンは2月14日に初めてマイクロソフトを上回り、時価総額で世界3位に浮上したばかり。20日時点で首位アップルとの差は1200億ドルほどに縮めた。

一方、利用者情報の不正利用問題に揺れるフェイスブックは20日も連日で大幅安となった。時価総額は4885億ドルと約1カ月半ぶりに5000億ドルを割り込んだ。

問題発覚前の前週末16日から2営業日で時価総額を500億ドル減らした。
すでに中国ネットサービスの騰訊控股(テンセント)に抜かれていたが、20日は中国の電子商取引大手アリババ集団にも抜かれて世界8位に後退した。」
 
 
アップルの時価総額は8690億ドル、アマゾンがアップルを抜いて1位になる日は来るのであろうか。

バックナンバー